2019年11月21日 (木)

二俣城、清瀧寺(信康切腹事件について)

2019111701
二俣城(浜松市天竜区二俣町)は、天竜川が足元を洗う段丘上に築かれていました。
元亀~天正年間には武田×徳川間の攻防の舞台にもなり、元亀3年(1572)には西上作戦の途にある武田信玄が徳川方にあった二俣城を攻略し、天正3年(1575)になると、今度は長篠で武田軍に勝利した徳川家康が奪還しています。

2019111702
北曲輪と本丸間に落とされた竪堀。
すぐ眼下には天竜川の流れも見えていました。

2019111703
同じく、北曲輪と本丸間の堀切。

2019111704
北曲輪(右)と、左に竪堀。
北曲輪には現在、旭ヶ丘神社が祀られています。

2019111705
本丸北側の喰違い虎口。
奥に天守台も見えています。

2019111706
本丸

2019111707
本丸南側の枡形虎口。

2019111708
ニノ曲輪へ通じる大手(追手)虎口。

2019111709
天守台

二俣城は天正7年(1579)9月15日、切腹を命じられた徳川家康の嫡男・信康が最期を遂げた地としても知られています。
麓には信康の菩提を弔うため、家康が建立した清瀧寺があります。

2019111710
その清瀧寺に復元された、二俣城の水の手櫓。
元亀3年に二俣城を包囲した武田軍は、城兵が天竜川に架けた汲み上げ用の櫓を破壊し、水の手を断つことで攻略に成功したと云います。

2019111711
信康堂

2019111712
信康堂に安置されている信康の木像。

2019111713
清瀧寺本堂
手前には、家康お手植えの蜜柑…の分木も。

2019111714
二俣尋常高等小学校に通う幼き日の本田宗一郎が、正午を知らせる寺の鐘を30分早く衝き、まんまと早弁にありつけたとの逸話も残る梵鐘。
(清瀧寺のお隣には、本田宗一郎ものづくり伝承館があります)

2019111715
岡崎三郎信康の廟所

信康の死については一般的に「織田信長の命によって切腹に追い込まれた」(三河物語)とされ、長らく定説化してきました。現地(二俣城跡や清瀧寺)に設置された案内板もことごとく、この説を採用しています。
しかし、武田家がまだ健在であるこの時期に、対武田の戦略上、重要な存在である徳川家との同盟関係を破綻させかねない要求を、確たる理由もなく信長が家康に強いるとは少々考えづらいものがあります。

他の文献を見ると信長は、信康問題で安土に赴いた酒井忠次に対し、
「如何様にも存分次第」(松平記)
「家康存分次第ノ由返答有」(当代記)
つまり、「家康の考え次第だ」「家康の判断に任せる」と答えています。

この事件は信康拘束後の家康の動きを見る限り、信康を担ぐ岡崎衆の浜松への反発と、そうした動きに対して家康が警戒心・危機感を募らせた結果と、個人的には考えています。その背景には、4年前の天正3年に発覚した大賀(大岡)弥四郎事件(岡崎衆の中から武田家への内通を画策する動きが発覚して粛清された事件)の記憶も影響したかもしれません。
いずれにしても、(家臣団を含む)徳川家内部の事情に起因しているのではないでしょうか。
安土に酒井忠次が派遣されたのは、信康の岳父で偏諱も受けている信長を憚り、信康の処分について事前に相談し、伺いを立てておくためだったものと思います。

家康は信長側近の堀秀政へ宛てた八月八日付の(信長への)披露状で、
「三郎不覚悟付而去四日岡崎を追出申候」
(徳川家康堀久太郎宛/信光明寺文書)
と報告しています。
「不覚悟付而」…信康の処断を決めたのがあくまでも家康自身だったことを、この一言が伺わせている気がしてなりません。

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

かんざんじロープウェイ

2019111601
浜名湖パルパルの脇から、浜名湖上を大草山の展望台へと渡るかんざんじロープウェイ。
2台のロープウェイが交互に、10分間隔で運行されています。

2019111602
舘山寺(右下)や、浜名湖パルパルに姿を変えた堀江城跡を俯瞰。
堀江城は、岡崎城を追われた松平信康(家康嫡男)が一時、身柄を移された城でもあります。

2019111603
今や、すっかり有名になった井伊谷方面。

2019111604
左に浜名湖パルパル、右が大草山。
大草山の展望台はオルゴールミュージアム(有料)にもなっています。

日本で唯一、湖上を渡るかんざんじロープウェイ。
専用駐車場の料金に少々驚かされましたが(笑)、展望台からの眺めはまさしく絶景。
湖面を見下ろしながらの空中散歩も、結構楽しめます。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

広徳寺

ようやく秋の気配も漂い始めた11月のとある日曜日。
本当ならば筑波方面へ遠征しようと思っていたのですが、寝過ごしてしまい断念。
代わりに手近なところで、あきる野市の広徳寺へお邪魔してみました。

道中、先の台風による土砂崩れなどの影響で通行止め箇所がいくつかあり、幾度となく迂回を余儀なくされました。
広徳寺の周辺は道幅も狭く、車での走行には注意が必要です。

2019111001
広徳寺総門(市指定文化財)
掲げられた額の「穐留禅窟」は松江藩主・松平不眛の筆によりますが、実際に額が製作されたのは不昧が没した1年後の文政2年(1819)。
松江の不眛と広徳寺に、どのような繋がりがあったのでしょうか。

2019111002
山門
こちらも市指定文化財。

広徳寺は応安6年(1373)の開基。
天文年間に北条氏康によって堂舎が再建され、江戸時代には幕府から40石の朱印地も与えられていました。
現在、その境域は東京都の史跡に指定されています。

2019111003
山門を抜けた先、大きな銀杏の木の間から本堂が覗いています。

2019111004
とても素敵な茅葺屋根の本堂(左)と庫裡(右)。

2019111005
広徳寺には、発給名義は真月斎道俊(大石定久)ですが、北条氏の「禄寿応穏」の虎朱印が捺されている寺領書立文書が残されています。
大石定久は北条氏康の子・氏照を養子に迎えて家督を譲り、五日市の戸倉城に隠居して道俊と号しました。
但し、その没年は天文18年と伝えられており、天文20年9月6日付の本文書と整合性が取れないことになってしまいますが、この辺りはどういうことになるのでしょうか。。。

2019111006
東京都の天然記念物に指定されているタラヨウ(モチノキ科)

2019111007
同じく都指定天然記念物、カヤ(イチイ科)

2019111008
まだまだ豊かな自然が残るあきる野。
周辺の情景をゆったりと愉しみながら、ウォーキングのついでにでも立ち寄ってみるのもいいのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

高遠城・一夜の城・法華寺 …信長の甲州征伐 信濃路④

三月十八日、信長公、高遠の城に御陣を懸けられ、
三月十九日、上の諏訪法花寺に御居陣。諸手の御陣取り段々に仰せ付けられ侯なり。
(信長公記 巻十五「人数備への事」)

天正10年(1582)3月18日、飯島を出立した織田信長高遠城に宿陣し、次いで翌19日、信濃での最後の陣所となる上諏訪の法華寺に到着しました。

20191104d01
高遠城
個人的には6年ぶりの再訪となりました。

20191104d02
高遠城に設置されていた、織田信忠による高遠城攻めの案内板。

三月朔日、三位中将信忠卿、飯島より御人数を出だされ、天龍川乗り越され、貝沼原に御人数立てられ、松尾の城主小笠原掃部大輔を案内者として、河尻与兵衛、毛利河内守、団平八、森勝蔵、足軽に御先へ遣はさる。中将信忠卿は御ほろの衆十人ぱかり召し列れ、仁科五郎楯籠り侯高遠の城、川よりこなた高山へ懸け上させられ、御敵城の振舞・様子御見下墨なされ、其の日はかいぬま原に御陣取り。
(信長公記 巻十五「信州高遠の城、中将信忠卿攻めらるゝの事」)

3月1日、飯島から高遠へ向かった織田信忠は、貝沼原に陣を置き、母衣衆10人ばかりを召し連れ、川手前の高遠城を見下ろす高山へ自ら物見に出ています。
この時、信忠が貝沼原に布いた陣がいずれの地にあったのか、具体的には定かではありませんが・・・

20191104d03
その候補地の一つとされるのが、伊那市富県貝沼一夜の城
こちらも6年ぶりの再訪です。

20191104d04
一夜の城については、6年前の記事をご参照ください。

20191104d05
右に高遠城、川(アーチ橋が見える)を挟んだ左が、信忠が物見に出た川よりこなた高山
高遠城に籠る仁科盛信は降伏を拒み、3月2日、信忠軍の猛攻撃の前に城と共に華々しく散りました。

20191104d06
高遠城を出た信長の軍勢が、どのルートで諏訪へ向かったかはわかりませんが、我々は杖突峠を越えて・・・

20191104d07
法華寺へ。
吉良義周の墓所にもお参りさせていただきました。

上諏訪に到着した信長は4月2日まで当地に滞在し、諸々の戦後処理を施した後、雄大な富士山や新府城の焼け跡を眺めつつ、翌3日に甲斐の甲府へ入りました。
甲府を出て安土への凱旋の途に就くのは7日後、4月10日のことです。
※なおこの間には、天正2年の明知城落城の要因となった飯羽間右衛門尉が捕らえられ、処刑されていることも添えておきます。

20191104d08
旅の最後に、諏訪大社上社にもお参り。

20191104d09
上諏訪駅で解散し、帰路はスーパーあずさにて。

私の希望を叶え、旅に同行して車を出してくれた友人には感謝しかありません。
いずれまた、今度はちょっと視点を変えて中馬街道を旅しましょう。

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

大島城・飯島城 …信長の甲州征伐 信濃路③

三月十七日、信長公、飯田より大島を御通りなされ、飯島に至りて御陣取り。
(信長公記 巻十五「武田典厩生害、下曽禰忠節の事」)

天正10年(1582)3月17日、飯田を出立した織田信長大島を通過し、飯島まで陣を進めました。

20191104c01
大島城縄張図

元亀2年(1571)3月、武田信玄は大島城に大修築を加え、伊那における一大拠点としたと云います。
今日に残る遺構も、その大部分はこの時の縄張によるものだそうです。

20191104c02
の馬出
三の丸とは木橋で繋がっていたと考えられています。

20191104c03
三の丸

20191104c04
丸馬出への枡形は・・・。

20191104c05
三の丸東端部

20191104c06
二の丸から三の丸へせり出す馬出(左)
の堀がまた見事なこと。

20191104c07
の馬出を別角度から。

20191104c08
二の丸に残る土塁。奥にの櫓台。

20191104c09
二の丸と本丸間の堀。
手前の二の丸側の切岸には、小さな腰曲輪も。
堀底を写真左方向へ下っていくと井戸曲輪へと繋がっており、井戸への出入りを見張る役割があったと考えられています。

20191104c10
本丸

20191104c11
本丸虎口の木戸跡。

20191104c12
本丸の櫓台。

20191104c13
本丸東側の腰曲輪。
稲荷神社が祀られていた痕跡も。

20191104c14
城跡のすぐ脇を流れる天竜川。

20191104c15
井戸曲輪へ。

20191104c16
井戸

20191104c17
付近の堀。

20191104c18
南側の外堀。

20191104c19
大島城の代名詞ともいえる三日月堀

20191104c20
天正10年2月、大島城は信玄弟の信廉(逍遙軒信綱)らが守備していましたが、織田信忠率いる軍勢が攻め入って来ると夜陰に紛れて逃亡し、大島城は呆気なく落城しました。

続いて飯島城へ。

20191104c21
飯島城の北西に位置する西岸寺。
鎌倉末創建の古刹で、城主・飯島氏ともゆかりが深いと云います。

20191104c22
飯島町の名勝にも指定されている西岸寺の参道。

20191104c23
飯島城縄張図

飯島城は武田家に従う信濃源氏・飯島氏の居城。
本城・登城からなる中世後期の城域と、その東方に広がる前期のものとに分かれています。

20191104c24
登城北側の堀跡。

20191104c25
本城の堀と土塁。
手前は虎口に架かる土橋のようにも見えますが、後世に車両の通行のために架けられたものかもしれません。

20191104c26
本城北西側の堀跡。

20191104c27
本城北側の堀跡。

20191104c28
思いがけず鮮明な遺構と出会い、興奮を覚えました。

20191104c29
本城郭内
天正10年2月、飯島城は織田信忠軍の侵攻によって落城しました。
飯島城を落とした信忠は、この地から仁科盛信の籠る高遠城攻略へと向かっています。
織田信長、そして信忠もこの郭に滞在したのでしょうか。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

長岳寺、根羽村の信玄塚

20191104b01
ひとしきり飯田城跡を見てまわった後は、中馬街道を少し引き返し、阿智村駒場長岳寺へ。
言わずと知れた、武田信玄ゆかりのお寺です。

20191104b02
伊那の四季を描いた本堂の襖絵。
日本画家・吉川優氏の作とのことで、顔料には珊瑚や真珠なども用いられているそうです。

運良くお寺の方がいらしたので、拝観料200円で武田信玄の遺品と伝わる金の兜の前立(鍬形台三輪菊唐草透彫三鈷柄付)や兜仏なども拝観させていただきました。

20191104b03
武田信玄灰塚供養塔
信玄は元亀4年(1573/7月に天正へ改元)4月12日、駒場の山中で没し、縁者が住職を務めていた長岳寺の裏山で荼毘に付されたと云います。
付近の山中には信玄塚と呼ばれる火葬塚が残り、こちらの供養塔は信玄の没後400年祭に、その火葬塚から灰を移して供養したものだそうです。

20191104b04
灰塚供養塔の脇には、馬場美濃守の供養塔(五輪塔)も。
伊那をはじめ、南信州方面での功績が多かった関係かもしれません。

火葬塚の位置も教えていただきましたが、今回は時間の都合で断念。
前日の滝之澤城郭(防塁)といい、中馬街道沿いには武田家ゆかりの史蹟が今も多く残ります。
今回の旅が改めてそれを認識させてくれたので、いずれまた必ず、武田家目線で中馬街道を旅したいと思います。

20191104b05
ところで、この前日に根羽村付近を通過している際にも「信玄塚」に立ち寄りました。

20191104b06
「甲陽軍鑑」に、信玄は「ねばねの上村と申す所にて他界された」と書かれていることに由来しているようです。
信玄の死去に伴い武田勢は、風林火山の軍旗を横にして行軍したので、この付近は横旗(横畑)と呼ばれるようになったのだとか。

20191104b07
宝篋印塔は江戸時代の寛文年間、信玄の百年忌に建立されたとも伝えられていますが、その形状からは室町末期のものと推定されています。

20191104b08
信玄が埋葬されたと伝えられる実際の塚は、現在では壁画前の国道に埋没してしまっているそうです。。。

信玄の火葬場所については、甲府の土屋昌続邸説などもあり、実際のところは私にはわかりません。
ただ、家臣らが信玄の遺体なり遺骨なりを置いていくはずもなく、中馬街道を進み、甲府まで粛々と運ばれていったことだけは確かでしょう。

20191104b09
さて、それでは信長の足跡を辿る旅を再開したいと思います。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

飯田城 …信長の甲州征伐 信濃路②

十五日午の刻より雨つよく降り、其の日、飯田に御陣を懸けさせられ、四郎父子の頸、飯田に懸け置かれ、上下見物仕り侯。十六日、御逗留。
(信長公記 巻十五「武田典厩生害、下曽斑忠節の事」)

天正10年(1582)3月15日、現阿智村の浪合を出立した織田信長の軍勢は飯田まで進み、同地で武田勝頼父子の首を改めて晒しています。

20191104a01
飯田城が築かれていた台地の遠景。
先端付近(右)が本丸跡になります。

20191104a02
偶然見つけた外堀跡。

20191104a03
長姫神社境内から柳田國男館、日夏耿之介記念館の建つ辺り一帯が本丸跡とのこと。
(写真は長姫神社境内)

20191104a04
長姫神社の社殿裏手、この石積み土塁も城の遺構とのことでしたが・・・う~む。

20191104a05
本丸と二の丸間を断ち切る堀切。

20191104a06
あまり近づけなかったので写真はいまいちですが、堀切は見事な遺構でした。

20191104a07
本丸付近から北側の地形高低差。

ちなみに、台地の先端に建つ三宜亭本館は山伏丸跡。
築城前、修験者の修行所があったことに由来しているそうです。

20191104a08
移築された桜丸御門。

20191104a09
城跡から少し離れ、長閑な町中の民家に移築された八間門。

20191104a10
明治4年(1871)に払い下げを受けた、飯田城の二の丸にあった門とのことです。
左右四間ずつの長屋も城内いずれかからの移築とのことでしたので、てっきり私は、そのために八間門と呼ばれるようになったものだと思い込んでいましたが、移築前の江戸期の絵図に八間門の表記があるようです・・・。
そもそも、左右で長さも全然違う気がするし・・・どういうこと?

20191104a11
門に付随する鬼瓦や懸魚などは、国の重要美術品に認定されているそうです。

飯田逗留中には勝頼や仁科盛信の馬、勝頼の刀などが信長の元に届けられ、武田信豊の首も運ばれてきました。
信長はここで武田勝頼父子・信豊・仁科盛信の首を家臣に持たせて京へ送り、獄門にかけるよう指示しています。
・・・仁科盛信が高遠城で最期を遂げたのは3月2日のことで、呂久の渡しで信長がその首を実検したのは同6日のこと。それ以降、飯田までの道中ずっと運んできたということでしょうか。。。

信長の行軍はなおも続き、3月17日には飯島へ向かいます。

次回は一旦、信長の足跡を離れ、とあるお寺からお届けします。
信長の足跡の続きは、その次の記事から再開します。

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

根羽・平谷・浪合 …信長の甲州征伐 信濃路①

天正10年(1582)3月5日、甲州征伐に向けて安土を出陣した織田信長は、その日は柏原の成菩提院、翌6日は呂久の渡しで仁科盛信(天正9年頃から「信盛」に改名していた可能性も指摘されていますが、以降も「盛信」で統一します)の首を実検しつつ岐阜まで移動、7日も岐阜に逗留します。
8日に岐阜を出発した後は犬山、金山神箆を経由し、11日には岩村城まで進みました。

ここからは岩村を出発後~上諏訪に至るまでの信長の足跡を中心に辿り、中馬街道(伊那街道)を北上する旅になります。
前回の記事でご紹介した明知城跡をあとにし、まずは愛知県豊田市にある道の駅「どんぐりの里いなぶ」付近まで南下して、そこから国道153号に進路を取って中馬街道めぐりをスタートしました。

三月十三日、信長公、岩村より禰羽根まで御陣を移さる。
(信長公記 巻十五「武田典厩生害、下曽禰忠節の事」 以下引用同)

20191103d01
岩村を出発した織田信長が、3月13日に宿陣した禰羽根(ねばね)。
写真は根羽村役場前より。

20191103d02
根羽村は今でこそ「ねばむら」と読みますが、「甲陽軍鑑」などでも「ねばね」と表記されており、当時は「根羽=ねばね」という呼称だったようです。

十四日、平谷を打ち越し、なみあひに御陣取り。爰にて、武田四郎父子の頸、関可兵衛・桑原介六、もたせ参り、御目に懸けら侯。則ち、矢部善七郎に、仰せ付けられ、飯田へ持たせ遣はさる。

20191103d03_20191109172601
十四日、平谷を打ち越し、
(平谷村)

20191103d04
平谷から北上を続けると、興味深い看板が目に入ってきたので急遽立ち寄りました。
武田方はこの、平谷村の滝之澤という地に城郭(防塁)群を設け、織田軍の侵攻に備えていたようです。
今回は行程上の都合で確認しに行く時間が取れず、後ろ髪を引かれる思いで立ち去りましたが、いずれ必ず再訪してみたいと思います。

20191103d05
なみあひに御陣取り。爰にて、武田四郎父子の頸、関可兵衛・桑原介六、もたせ参り、御目に懸けら侯。
写真は阿智村浪合の集落と、平谷から続く中馬街道。

20191103d06
武田勝頼父子首実検の地
信長はここ浪合で、甲斐の田野で打ち取られて運ばれてきた勝頼・信勝父子の首と対面しました。

20191103d07
両人の首は家臣に命じ、先行して飯田へと送られたようです。

20191103d08
中馬街道の標柱

20191103d09
翌14日、浪合を出立した信長は飯田へと向かいます。
きっと、この道を更に北へと進んだことでしょう。

ところで、勝頼父子首実検の地から中馬街道を平谷方面へ少し戻った地点に、波合関所跡が残っているらしいことを知り、立ち寄ってみることにしました。

20191103d10
石畳らしき痕跡も残る、中馬街道の旧道。

20191103d11
波合関所跡
中馬街道(伊那街道)に残る関所跡で、武田信玄が滝の沢(先ほどの滝之澤城郭の看板にあった「とつばせ関所跡」か?)に設置したのを皮切りに、何度かの移転を経て、享保7年(1722)以降は明治初期の関所廃止令まで当地に置かれていたようです。

20191103d12
関所の建物が建っていた痕跡でしょうか、苔むしていい雰囲気でしたが、暗かったので写真は・・・(;^_^A

20191103d13
門の先、平谷方面へと続く中馬街道。
平谷を打ち越し、北上を続ける信長の軍勢が今にも姿を現しそうな風情です。

浪合をあとにし、我々もこの日の宿泊地である飯田へ向かいましたが、到着時にはすっかり日も暮れていたので、飯田城めぐりは翌日に。
城攻め4つに、山間の街道筋大移動。なかなかハードな行程を組んでしまいましたが、クリアできたのも偏に同行者のお陰・・・感謝。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

明知城 …天正2年の明知城攻防③

20191103c01
明知城縄張図
遠山三家(岩村・苗木・明知)の一つ明知遠山氏の居城で、元亀年間には織田方についていましたが、神箆城・小里城の記事でも触れた通り、天正2年(1574)、武田勝頼の軍勢に包囲されます。
急報を受けた織田信長は自ら後詰のために出陣しますが、城内から内通者(飯羽間右衛門尉)も出て間に合わず、明知城は武田方の手に落ちました。

20191103c02
城域の東側、竪堀に設けられた散策路から城攻めをスタートします。

20191103c03
1の曲輪の土塁。
「搦手砦」とありますが、搦手側にある曲輪、という理解でいいと思います(;^_^A

20191103c04
1の曲輪にある貯水池。

20191103c05
出丸

20191103c06
右に二の丸、その奥の最高所が本丸跡。

20191103c07
ニの丸から本丸の切岸。

20191103c08
本丸

20191103c09
本丸から3の畝堀群を見下ろす。

20191103c10
本丸の先端から西の方角。
本丸と他の曲輪との高低差がまた凄いです。

20191103c11
2の堀切

20191103c12
その堀底から。

20191103c13
3の畝堀
正面の土塁が大き過ぎて、私はこれを畝堀と理解するのに少し時間を要しました(;^_^A

20191103c14
下草も刈られ、形状がよく見て取れます。

20191103c15
そのまま4の畝堀群へ。
こちらもいい感じ。

20191103c16
5の辺りから西へ続く畝。
3や4に比べると小規模ですが、こちらも整備されて見やすくなっていました。

20191103c17
出丸下の切岸。
ほぼ垂直にそそり立っています。

20191103c18
6に建つ万ヶ洞天神神社。
明智光秀幼少時の学問所とも伝えられているそうです。

天正2年、武田勝頼に攻められて落城した明知城。
しかし翌天正3年、長篠合戦で武田軍に勝利した信長は、織田信忠を総大将とする軍勢を東美濃に派遣して武田方に奪われていた諸城を次々と攻略し、この明知城や岩村城といった重要拠点も奪還しました。

今回の、天正2年の明知城をめぐる攻防戦めぐりはこれにて終了です。
次は長野県に入り、天正10年(1582)の甲州征伐、その信長の足跡を辿って中馬街道(伊那街道)を北上していきます。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

神箆城・小里城・他 …天正2年の明知城攻防②

20191103b01
瑞浪市土岐町の八幡神社。

20191103b02
この八幡神社は美濃源氏・土岐氏の祖ともされる土岐光衡が居館として築いた一日市場館跡で、美濃源氏発祥の地ともされています。

20191103b03
光衡像(左)の横には明智光秀像も。
果たして、彼の出自の謎が解き明かされる日はくるのでしょうか・・・。

光衡は一日市場から北東へ3㎞ほどの神箆にも城(鶴ヶ城)を築き、ここを美濃国統治の拠点としました。

それでは我々も、その神箆城(鶴ヶ城)へ向かいます。

20191103b04
神箆城(鶴ヶ城)麓の諏訪神社。
車はこちらに停めさせていただきました。

20191103b05
城山遠景

二月五日、信長御父子御馬を出だされ、其の日は、みたけに御陣取り。次の日、高野に至りて御居陣。
(信長公記 巻七「明智の城いゝばさま謀叛の事」)

天正2年(1574)、現在の恵那市明智町にある明知城が武田勝頼の軍勢に包囲されたとの報を受けた織田信長は、2月5日に信忠を伴って岐阜を出陣します。
御嵩を経由して6日には、この神箆城(鶴ヶ城)に着陣しました。

20191103b06
その縄張から、一般には鶴ヶ城と呼ばれていますが、「信長公記」には「高野(の城)」と表記されているので、当blogでも以降は「神箆(こうの)」で統一させていただきます。

ニ月十二日、三位中将信忠卿、御馬を出だされ、其の日は土田に御陣取り。十三日高野に御陣を懸けさせられ、十四日に岩村に至りて御着陣。
(信長公記 巻十五「木曾義政忠節の事」より)

三月八日、信長公、岐阜より犬山まで御成り。九日金山御泊り。十日高野御陣取り。十一日岩村に至りて、信長御着陣。
(信長公記 巻十五「信長公御乱入の事」)

また、神箆城には天正10年(1582)に甲州征伐へ向かう際にも、信忠は2月13日に、信長も3月10日に宿陣しています。

20191103b07
登り始めてしばらくすると、木戸跡の立て札が。
この登城道に沿って築かれていたのか、それとも正面に見える土塁が切れた右側にあったのか・・・定かではありません。

20191103b08
木戸跡を過ぎると早速、腰曲輪状の削平地や切岸が。

20191103b09
西出丸

20191103b10
西出丸からの眺め。眼下には神箆の里が広がります。
ちなみに「神箆」には「神の矢竹が自生する地」という意味があり、その昔、薬師如来が村の若者に悪霊退治を命じたという伝説に由来しているそうです。

20191103b11
本丸下の切岸。
正面手前には井戸跡も。

20191103b12
井戸
何故かは知りませんが、「葵の井戸」というのだそうです。

20191103b13
東出丸

20191103b14
本丸虎口

20191103b15
本丸

20191103b16
本丸の裏手(西側)に大きな堀切が見えていましたが、上からでは生い茂る木々に阻まれてよくわかりません。
しかし、急勾配の切岸を慎重に下りてみると・・・

20191103b17
それは見事な堀切が、ザックリと大きな口を開けていました。

20191103b18
反対側からも人尺付きでw

20191103b19
最後に本丸からの眺めを。
正面に見える山間の谷間に道が伸びていますが、方角的には岩村城を向いています。
信長父子は天正10年の甲州征伐の際、それぞれ神箆城を出た後は岩村へ向かっています。もしかしたら、あの道を進んだのかも・・・なんて考えるのも、歴旅の醍醐味ですね。

信長による明知城後詰作戦はしかし、神箆城に入った翌天正2年2月6日、山間の難所続きで両軍共に身動きが取れないでいるうちに、明知城内で飯羽間右衛門尉の謀反が起き、呆気なく武田方の手に落ちて失敗に終わりました。

高野の城御普請仰せ付けられ、河尻与兵衛を定番として置かれ、おりの城、是れ又、御普請なされ、池田勝三郎を御番手にをかせられ、
二月廿四日、信長御父子、岐阜に御帰城。
(信長公記 巻七「明智の城いゝばさま謀叛の事」)

明知城を失った信長は神箆城に河尻秀隆、小里城には池田恒興を入れ、城の構えを強化して武田への備えとし、同月24日に岐阜へ帰陣しました。

20191103b20
・・・という訳で、次は池田恒興に守らせた小里城へ。

20191103b21
小里城縄張図
まずは山麓の御殿場跡を見てまわります。

20191103b22
登り始めるとすぐに、いい雰囲気の石垣が。

20191103b23
あちらにも。

20191103b24
大手門跡の石垣

20191103b25
小里氏御殿場跡碑

小里城は天文年間、土岐氏庶流の小里氏によって築城されたと考えられています。
小里氏は元亀年間頃には織田信長に従い、本能寺の変後は信孝に仕えたものの、天正11年(1583)の賤ケ岳合戦後に信孝が自害に追い込まれた後は、森長可に攻められて小里城を失い、徳川家康を頼りました。
慶長5年(1600)の関ヶ原合戦での功によって旧領を回復し、山麓に居館として構えたのがこの御殿場になります。
ところが、小里氏は元和9年(1623)に無嗣断絶の憂き目に遭い、小里城も廃城となりました。

20191103b26
御殿場跡から登山道をひたすら登ること30分ほどで、ようやく山頂の曲輪群へ到達します。
まずは大手曲輪。

20191103b27
大手曲輪からニノ曲輪を見上げる。
石垣も見えています。

20191103b28
ニノ曲輪

20191103b29
ニノ曲輪に残る石垣

20191103b30
一ノ曲輪(本丸)の周囲にも石垣は残りますが、その殆どは崩落していました。

20191103b31
しかし、天守台の石垣は見事でした。

20191103b32
幾とせもの時代を超え、古色蒼然とした石垣は問答無用で格好いいですよね。

20191103b33
天守台

20191103b34
天守台に祀られていたお社。

20191103b35
小里城天守台からの眺め。

20191103b36
山深い頂に佇む無骨なその姿は、どこか神秘的でもあり、とても感動しました。

20191103b37
御殿場跡まで下山した後は、東砦へ。

20191103b38
東砦の尾根を少し登ると・・・

20191103b39
堀切があります・・・薄いけど(;^_^A

織田信長が武田への備えとした神箆城、そして小里城。
長年の念願だったこともあって嬉しく、興奮で登山の疲れもすっかり忘れ・・・はしなかったけど(笑)

この後は天正2年2月6日、後詰が間に合わずに武田方に奪われた明知城へ。

| | コメント (0)

«御嵩城 …天正2年の明知城攻防①