« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

浄福寺城

本日は地元・八王子にある浄福寺城へ行ってきました。

浄福寺城という城名、実は山麓に建つ浄福寺から名を取って便宜上そう呼ばれているに過ぎません。
八王子城築城後はその出城として改修・利用されたでしょうが、武蔵と甲斐を結ぶ交通の要衝「案下通」(陣馬街道)を押さえる立地、且つこの近辺に、大石氏の由井本郷(弐分方、壱分方、他)があったと考えられることから、それ以前は大石氏の本城で古史料にもその名が散見される「由井城」だったのではないかとの説もあります。
大石氏を継承する北条氏照も養子入り後、まずは由井こ入っています。この時点での北条家の仮想敵国は甲斐の武田家
その後の甲相駿三国同盟締結による武田家との緊張緩和、及び永禄4年の上杉謙信による越山・小田原攻めでは平の渡しから多摩川を越えて南下されたことなどを受け、平の渡し、及びそれに続く小田原へと至る幹線路を押さえる地に滝山城を築き、本拠を移したものと考えられます。
その後の武田家との手切れ&越相同盟の締結、甲相同盟、御館の乱以後の徳川・織田との接近、etc...と外交状況が複雑に流れていく中で再び警戒の目を西(上方、豊臣か)へ向け、八王子城の築城・本拠移転へと繋がっていきました。

何はともあれ、探索スタートです♪
20130224_01
麓の浄福寺。駐車場をお借りしたので、きちんとお参りもしますw

20130224_02
恐らく往時には居館が置かれていたのではないでしょうか。

20130224_03
ちなみに浄福寺城とはこんなお城(現地案内板より)
…だいぶ色が剥がれ落ちていて補正してもこれがやっとでしたが、他に使える図面もないので仕方がない。浄福寺の脇からスタートして、水色のラインに沿って進みます。

20130224_04
墓地の西隅に建つ白山大権現の脇から登城スタートです。
※初め私は浄福寺本堂の真裏から分け入ったのですが、すぐに道が途絶えて暫し立ち往生…。これから登城される方はご注意を(笑)

20130224_05
暫くはクネクネとしたつづら折りの山道を登り…

20130224_06
すぐに観音堂(図面a)に到着。ここまでは比較的楽な登りです。ここまでは、ね…(^_^;)

20130224_07
観音堂の背後から更に登り始めてすぐ、図面bの位置に穿たれた竪堀。なかなかの規模でした。

20130224_08
延々と急勾配な直登の道を行きます…。
写真では分かり辛いですけど目の前に崖が聳え立ったような、本当に滑り台のような勾配ですよ!

20130224_09
やっとの思いで辿り着いた主郭部(図面Ⅰ)の虎口(内側から)

20130224_11
山上では一番広い曲輪Ⅰ。この規模からしても、やはり平時の居館は麓にあったのでしょう。

20130224_12
Ⅰの曲輪脇をいきなりザックリと断ち切った堀切(図面c)
ここから尾根伝いに更に北へ向かいます。

20130224_13
cの位置から右手(東)にも尾根伝いに曲輪が配置されていて、何本もの竪堀が確認されているようだが…藪っていてパッと見には曲輪自体が分からなかった…。今日は心細い単独行動なのでトライしません(笑)

20130224_14
尾根伝いには何本もの堀切が連続して現れます(写真は図面d)。
おぉ…!と感動していたら…

20130224_15
すぐにもっと大きな規模の堀切が!(図面dの少し北側に描かれた堀切)

20130224_16
その堀底から。

20130224_17
そして図面eの部分にある2本の連続した堀切。規模も大きいし、結構圧倒されます。

20130224_18
特に2本目は深さも見事!

20130224_19
畝状に築かれた土塁(図面f)

20130224_20
深さはそれ程ないけど、しっかり形状は留めています。
左上にはeの堀切(2本目)も見えています♪

20130224_21
同じ場所から東側には、更に段丘状の曲輪が配されていました。
この周辺はもう楽しくて、時の経つのを忘れます!(笑)

今回はここまでで引き上げ。帰りは急勾配の坂道を、文字通り“転げ落ちるように”下山したのでアッという間でした(笑)

20130224_22
麓付近から見た八王子城遠景。
この浄福寺城、最終的には彼の城の出城的な役割を担ったことでしょう。

まだまだ歴史的には謎の多い浄福寺城。
しかし今日訪れてみて、個人的には八王子にあるお薦めのお城ナンバー3にランクインしました♪

| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

高幡不動尊 (高幡城祉も)

今日はフラッと高幡不動尊へ出掛けてきました。
朝9時過ぎに到着したので駐車場も空いていてラッキー♪

20130223_091402
まずはこの方にご挨拶☆
土方歳三の銅像と、近藤・土方の顕彰碑「殉節両雄之碑」(右)

20130223_091442
「殉節両雄之碑」
上部の篆額(てんがく)は松平容保、碑文は松本順(良順)の筆による。

20130223_091705
重要文化財の仁王門

20130223_091736
同じく重文の不動堂と五重塔

20130223_092045
そして今回訪れた一番の目的はこちら、奥殿。
平安時代に作られた巨像「丈六不動三尊」(11世紀/木像/重要文化財)を初め、数々の貴重な寺宝を拝観できます。

・土方歳三隊旗「東照大権現」幟
・歳三書簡
・徳川慶喜・松本良順・勝海舟・榎本武揚・大鳥圭介らの書軸
・山岡鉄舟の屏風
・会津松平家13代目の御当主から贈られた伝来の家宝
etc...

もう堪らん!状態(笑) これで300円はお得!訪れたら必見です。

20130223_094539
総本堂「大日堂」
「鳴り龍天井」で有名ですが、近藤・土方の位牌もこちらで拝観できます。

20130223_094723
大日堂の脇にこんな看板があったので、墓地にも行ってみた。。。

20130223_094954
こんなエピソード、知らなかった…。

20130223_095118
そのお墓。

20130223_100212
さて、そのまま裏山?に登って、高幡城祉へ。

20130223_100457
ここが本丸、、、っぽい。
何の予備知識も縄張図もなかったので、遺構は殆ど分かりませんでした(^_^;)

20130223_100640
高幡城祉から見た日野の眺め。土方歳三の故郷・石田村も丁度この中央辺りです(GPS確認済み)。

20130223_100911
城祉は現在「山内八十八ヶ所巡拝コース」になっており、そこかしこにお地蔵さんの姿が。
この辺りも帯曲輪に見えなくもないが…。

20130223_101217
下山途中に見かけたポイント。大きな切岸と竪堀のように見えたが、これ以上近付けなかったので確認出来ず…。

20130223_105130
こちらのパンフレット、「殉節両雄之碑」碑文の意訳や、歳三書簡の解説などが載っていて参考になります。新選組に興味のある方は是非。売店などで200円で販売されています。

ではでは、今回はこの辺で。

| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

京都の旅 3日目④鳥羽伏見の戦い‐淀城外戦闘編

鳥羽伏見での戦闘に敗れた旧幕府軍の敗残兵は現職の老中、稲葉正邦の淀城へと逃れようとこの地にやって来ます…が、新政府軍と戦う意思のない淀藩によって入城を拒否されてしまうのです。
(この時、藩主・正邦は江戸に居り、藩主不在の中での決定であったという…)
入城を拒否された旧幕府軍は、男山・橋本方面へ撤退しますが、この戦闘の最中、新選組六番組隊長・井上源三郎が戦死します。。。

どうしても淀に来たかった理由、それがこの井上源三郎だったのです。
この戦闘に従軍していた源三郎(以降「源さん」)の甥・泰助は後年、以下のような証言をしています。

「戦死した叔父(源さん)の首だけでも持ち帰ろうとしたが叶わず、撤退の最中、近くに実家(日野)の目の前にある寺と同名の寺があるのを知り、そこの門前に埋葬した」

その寺の名前とは「欣浄寺」です。
この辺りのことは以前、私の地元でもある日野の新選組史跡巡りをした際の記事にも載せましたので、御参考までに。日野の欣浄寺も写真を上げています。

※なお、後にこの泰助の証言は
・(淀の)欣浄寺がすぐに廃寺になっていたこと
・泰助の息子の嫁・ケイが周囲に「欣浄寺」と伝えた際、「それはケイさんの家の前にあるお寺じゃないか。老齢でボケてしまったのだろう…」と判断され、記録から「欣浄寺」という寺名が抹消されてしまっていたこと
などがあり、実際の埋葬地がどこななのか、長く判明しませんでした。ところが近年、偶然にも淀の古図に「欣浄寺」が描かれていることに気付き、ケイさんの証言は間違っていなかったんだ!と判断されたのだそうです。


今回はその埋葬地を探してみたかったのです。

※後日、以下にご紹介する欣浄寺跡地の位置が間違っていたことを知り、改めて再検証しました。その様子、欣浄寺跡地の正しい位置についてはコチラ の記事をご参照ください。
まだまだ未熟者、お詫び申し上げます。(2014年2月追記)

Kyoto03d01
という訳で淀に到着。そうか、淀だもんね。京都競馬場。初めて見た。

Kyoto03d02
こちらが淀城下の古地図(淀城跡設置の説明板より)。
今回も本能寺跡地の時同様の手法で印を入れて進めていきます。赤い矢印部分が欣浄寺。

Kyoto03d02b
欣浄寺の辺りをアップで。ここでは「納所」という地名と、青い丸で囲った地点を覚えておいてください。

Kyoto03d03
古地図上に引いた赤・緑・水色の各ラインの道と、青い丸の交差点を現在の地図に当て嵌めるとこのようになります。
※淀駅の周辺地図より。古地図との対比の便宜上、上下逆さに掲載しています。

ここから推定した欣浄寺の跡地は、位置関係から赤い矢印の区画ではないかと推定しました。
では早速ウォーキング。

Kyoto03d04
まずは青い丸の交差点。その名も「納所」!

Kyoto03d04b
納所交差点の様子。古地図からも分かる通り、欣浄寺は緑のラインの通り沿いなので、そちらへ進みます。

Kyoto03d05
先ほどの欣浄寺がアップになった古地図を見て頂くと、緑ラインの通りから欣浄寺まで細い路地の様な線が描かれているのが見えると思います(ピンクの印をつけてあります)。
それがこの路地ではないかと…つまり、この先が欣浄寺の寺域。

Kyoto03d06
寺域側から路地を。
もしここが本当に欣浄寺があった場所だとしたら、門は当然、通りに面した側にあったでしょう。。。つまりこの辺り。
そして「欣浄寺の門前に埋葬」された源さんの御首、その埋葬地もまさにこの辺りではないかと推定しました。

Kyoto03d07
先ほどの門があった(であろう)場所から右側を見た様子。

Kyoto03d08
同じく左側。それぞれ水色のラインに沿った場所が寺域だったのではないかと。

Kyoto03d09
裏手側からも。
古地図に描かれた欣浄寺の大きさと周辺の通りの位置関係を比較しても、規模はほぼ一致するように思います。

Kyoto03d10
そして偶然か、何か(誰か)の意思が介在したものか…、寺域と推定したすぐ裏手には石碑も建っていました。。。「戊辰役戦場址」

Kyoto03d11
次は妙教寺に向かいます。その道すがら。サイガさんによると、淀古城のお堀の名残だそうです。

Kyoto03d12
妙教寺

Kyoto03d13
ちなみに妙教寺と先ほどの欣浄寺との位置関係。
(「唐人雁木」とかかれている部分も一応チェックしておいてください)

Kyoto03d14
妙教寺境内にあった「淀古城祉/戊辰役砲弾貫通跡」の石碑。
…ん?貫通?!

Kyoto03d15
こちらの石碑の文字は榎本武揚の筆。

ところでこの時、サイガさんがお寺の奥様に何事か交渉していると思ったら、普段非公開の本堂の中を見せていただけるという。

Kyoto03d16
そう、先ほどの石碑にもありました通り、この妙教寺、戊辰戦争で砲弾の直撃を受けているのです!
その砲弾が飛び込んで来た穴。「東軍」とあるから旧幕府軍が放った砲弾ですね。

R600x600
アップで♪(写真提供:寺旅人さん)
ここから本堂に飛び込んで来た砲弾は、、、

Kyoto03d17
あの柱をも貫通し…

Kyoto03d18
この柱ですよ。

Kyoto03d19
あの色が変わっている部分の板戸を抜けて着弾したそうです。すご…

更に、我々が熱心に見学している様子を見ていた奥様から信じられないお言葉が!
「砲弾も見たいですか?」
え!?…いいんですか?勿論!!

Kyoto03d20
これが実際に飛んで来た砲弾、そして当時の住職が書き残していた記録。。。
「これは滅多なことではお見せしないんだけど、本当に好きそうだったからね」と奥様。ありがとうございます!震えるほどに感動しました。。。
なお、永倉新八の手記に「淀小橋付近で大砲を一門見付け、それを追い縋る薩摩軍に向けて発射した」といったことが書かれているので、或いはこの砲弾、その時の永倉が放ったものかもしれないのです…。

※砲弾の実物ですっかりテンションが上がったサイガさん。なんとこの時、空は晴れているのに雨がザーッと降ってくるという珍現象が!?w
御本人ももはや、すっかり呆れ顔でした(笑)

Kyoto03d21
妙教寺の近くを通る1本道で駅方面へ引き返します。
淀古城の虎口の名残と思われる場所。

Kyoto03d21b
その道を更に進み、「納所」交差点へ繋がる大通りにぶつかった辺りにある「唐人雁木」の石碑。
古地図に描かれた場所とも完全に一致します。ますます欣浄寺の推定地が「確信」へ…。

※唐人雁木とは?→「京都観光Navi」さんのHPへ(他サイト)
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=6000036

Kyoto03d22
旅もいよいよ大詰め、最後の目的地です。淀城。

Kyoto03d23
天守台内部?

Kyoto03d24
淀城から見える山崎合戦の地、天王山。いつかあそこにも…。

さ、これにて2泊3日の京都の旅も終了です。
この後、参加者たちとはそれぞれの行き先に向けて別れ、私は真っ直ぐ京都駅へ。予め予約していた新幹線の時間までだいぶ余ってしまったので、駅で夕食を摂りながらまったりと過ごして東京への帰路に就きました。

主催のサイガさんを初め、オフ会初日、2日目、池田屋での懇親会に参加された皆様、本当にありがとうございました。
そして、この長々としたブログも最後までお付き合いくださった皆様も。

次はいつ、どこに現れるとしましょうか…(笑)
END

| | コメント (0)

京都の旅 3日目③寺田屋‐鳥羽伏見の戦い番外編

伏見戦闘編でも触れましたが、伏見奉行所見学の後、寺田屋にも立ち寄らせていただきました♪

Kyoto03c01
十石舟が賑やかに行き交ったであろう川の畔を進み…

Kyoto03c02
寺田屋に到着~♪

※2~3年前、実はこの寺田屋が鳥羽伏見の戦いの兵火で焼失していることが判明しました。従って、現在残るこの建物は龍馬で有名な寺田屋事件や、薩摩藩士たちによる同士討ちとなった寺田屋騒動の時からの現存ではありません。
それを踏まえた上で、しかし忠実に再現されている(同じように建て直された)と信じて話を進めます。
(実は敷地も当時は現在の建物の東隣にあったそうですが…)

Kyoto03c03
龍馬の部屋。
伏見奉行所の獲り方の襲撃を受けた龍馬、最終的にあの窓から飛び降りたのか…。

Kyoto03c04
刀痕…再建とするとこれは一体?w

Kyoto03c05
龍馬が放ったスミス&ウェッソンの弾痕…?ま、いいやww

Kyoto03c06
獲り方に包囲されたことをいち早く察したお龍は風呂から上がり、この階段を駆け上がって龍馬に急を知らせた。

Kyoto03c07
そのお風呂。「裸のお龍さんで有名なお風呂です」って…(笑)

Kyoto03c08
こちらは寺田屋騒動の現場となった部屋。

Kyoto03c09
いまや観光地で人も多いですが、、、結構楽しめました♪

Kyoto03c10
伏見は名水でも有名。寺田屋の近くにもこんな場所が。

Kyoto03c11
土佐藩邸跡の碑。こちらも寺田屋のすぐ近くです。
しかし脱藩の身であった龍馬、彼が寺田屋事件で襲撃を受けた際に庇護を求めた先は、薩摩藩邸であった…。

Kyoto03c12
なかなかいい風情ですね♪

さ、次は本編に戻って「淀城外戦闘編」です。
個人的には3日目の中で最も力が入る記事になりそうですよ♪
(つづく…)

| | コメント (0)

京都の旅 3日目②鳥羽伏見の戦い‐伏見戦闘編

竹田駅から近鉄線で、今度は伏見御陵前まで移動します。

Kyoto03b01
駅すぐ近く、料亭「魚三楼」(うおさぶろう)に残る弾痕に釘づけの参加者達♪

Kyoto03b02
その弾痕。どちらから飛んできたか、一目瞭然ですね!

Kyoto03b03
このほんの僅かな部分だけでも二発当たっている…。戦闘の激しさが偲ばれます。

Kyoto03b04
これからも大事に後世へ残していって欲しいと切に願います。

この後は近くのお店で昼食。Twitterでは写メを載せましたが、700円の天麩羅御膳、美味しかったな~♪

Kyoto03b05
新政府軍(薩摩)が陣を布いた御香宮神社。大砲を四門据えたそうです。
ここから新選組らが立て篭もる伏見奉行所にも砲撃を加えました。
後年、新選組二番組隊長・永倉新八が「御香宮の敵陣に突撃した」と証言しているそうですが、果たして…。
(島田魁が永倉を鉄砲で塀の上に引き上げて助けたエピソードも、ここでの戦闘の折のものですね)

Kyoto03b05b
ちなみに御香宮神社の表門は、伏見城大手門の移築!

Kyoto03b06
境内には伏見城の石垣の石も…。

Kyoto03b07
拝殿

Kyoto03b08
「伏見の戦跡」

Kyoto03b09
石碑横の説明板はなんと、佐藤栄作(元総理)著!

Kyoto03b10
御香宮神社を出て、次は伏見奉行所跡を目指します。
向かうにつれて下っていくこの高低差。兵器の性能の差などもあったのでしょうが、後手を踏んで有利な高所を押さえられたことも、旧幕府軍敗退の大きな要因になったのでしょう。

Kyoto03b11
伏見奉行所跡。土方歳三もここで戦いました。

Kyoto03b12
とても安っぽい作りだけど…(^_^;) 設置されたこの「っぽい」塀が続く辺り一帯が伏見奉行所の敷地だったようです。
それにしても団地の側壁…(笑)

Kyoto03b13
奉行所跡近くの中学校敷地内にあった石碑。「維新戦」…( -_-)

この後、私のリクエストで寺田屋にも立ち寄ってもらったのですが、そちらは追って「番外編」としてUPするとして、ここでは伏見戦闘跡地巡りを続けます。

Kyoto03b14
お次は龍雲寺(桃山善光寺)!

Kyoto03b15
こちらのお寺、戦闘時には 薩摩軍の砲兵隊長・大山巌が陣を布いて、伏見奉行所などに砲撃を加えた場所です。

Kyoto03b16
…ちょちょ、寺さん?!(笑)
この後の顛末は…言うまい(^x^)

Kyoto03b17
龍雲寺から伏見奉行所(写真中央奥、煙突の様なものが見えている辺り)方面の眺め。
推定距離、約400m強。鳥羽戦闘編でも触れましたが、やはりこのくらいの距離が当時の砲撃戦の距離だったのでしょうね。
そして、ここでも旧幕府軍は高所を押さえられています。

さて、当初の予定ではこの後、伏見城に向かってから淀へ、という流れでしたが時間が押した為、伏見城か淀の二者択一に。
どうしても淀に行きたい理由があった私は、ここでも我儘を通していただき、伏見城はパスして淀へと向かうことになりました。皆さん、ありがとうございました。
(つづく…)

| | コメント (0)

京都の旅 3日目①鳥羽伏見の戦い‐鳥羽戦闘編

早いもので京都の旅も3日目、最終日です。
本日は幕末、慶応4年(1868)1月に起こった鳥羽伏見の戦い(戊辰戦争の緒戦)の跡地を巡ります。参加者は講師のサイガさんと寺さん、ririoさんに私の4名。

朝9:30、近鉄/烏丸線「竹田」駅にて集合。あとはひたすら歩きます。

Kyoto03a01
まずは寺さんの提案でこちらに立ち寄りました。安楽寿院。
白河天皇(白河院)が自らの院政の地として造営した鳥羽離宮が置かれていた場所で、この安楽寿院はその鳥羽離宮にあった仏堂が起源となっているそうです。

Kyoto03a02
在りし日の鳥羽離宮(復元案)
鳥羽伏見の戦いの頃の古図面を見る限り、幕末の頃には既にこの大きな池は埋め立てられています。

Kyoto03a03
白河法皇、鳥羽法皇 院政之地
一気に昨年の大河ドラマが蘇ってきましたねw 伊東さんに三上さん…

Kyoto03a04
こちらは鳥羽天皇陵…

Kyoto03a05
さて、城南宮までやってきました。
鳥羽伏見の戦い勃発時、新政府側の薩摩軍はここ城南宮から小枝橋にかけてのラインに陣を張って旧幕府軍と対峙しました。

Kyoto03a06
城南宮から小枝橋方面へ繋がる1本道。ここがまさに薩摩軍の前線ライン。
旧幕府軍は南(写真左)に展開します。

Kyoto03a07
現在の小枝橋。このクランクは虎口状を意識して当時からあったものか、それとも橋の架け替えで位置が変わった分のズレか…
直観的な印象としては後者。本来は道のどん突きから真っ直ぐに架けられていた橋を、架け替えの際に何らかの理由で現在の位置にずらした為に生じたクランクではないでしょうか。

Kyoto03a08
小枝橋の袂、「鳥羽伏見戦碑」

Kyoto03a09
小枝橋付近に現存する薩摩軍の砲台跡。

Kyoto03a10
その砲台跡の上から、旧幕府軍が対峙する赤池方面。
樹間からかすかに見えるK'sデンキの辺りが赤池。この距離で砲弾を撃ち込んでいました。

Kyoto03a11
砲台真横の道から赤池方面。真っ直ぐに開けているので距離感も分かり易い。
戦闘では砲撃戦を優位に進めた薩摩軍がこの後、旧幕府軍を後退させ、赤池辺りまで進軍しました。
という訳で我々も赤池へ向かいます。この際に歩測してみたのですが、距離に換算して約350m前後。この距離感が当時の砲撃戦の鍵となりそうです。

Kyoto03a12
「千本通赤池」交差点。
古図面によると、前進した薩摩軍はここにも大砲を据えて旧幕府軍を攻撃しました。
※著作権の関係で古図面を掲載できません。古図面を見ながらだと凄く分かり易いんですけどね~。

Kyoto03a13
交差点近くにあったお地蔵さん。
この台座…石臼でしょ?!w

Img_1888
近年になって川の位置が変えられたのでしょうね、高瀬川の欄干跡。
この辺りでも桑名(旧幕府)と長州(新政府)らの戦闘がありました。

さて、この後は伏見戦闘地へ移動するため、再び竹田駅へ戻りました。
(つづく…)

| | コメント (0)

2013年2月16日 (土)

京都の旅 2日目⑥池田屋(飲み会ですw)

さ、この後はいよいよ懇親会(という名の飲み会)です♪
三条にある池田屋はなの舞店の前で、残念ながら明日香さんとはお別れ(一日ありがとうございました♪)、そして先ほど合流した寺さんに加え、さきさん・あっぴん。さん・恵美さんと合流!

Kyoto02f01
いざ、御用改めにござる!

※実際の池田屋とは少し場所がずれていて、本当は向かって左隣にある某スーパーの辺りにあったそうです(恵美さん・みかんさん談)

Kyoto02f02
池田屋と言ったら…この人たちではないと思うぞ?(^_^;)

Kyoto02f03
近藤局長らが駆け上がった階段?!(笑)

Kyoto02f04
こういうの嬉しいね、いちいちテンション上がる♪

Kyoto02f05
途中、恵美さんによる「岡山と新選組」(恵美さんは岡山からお越し)講義もありつつ、宴は2時間ほど続きました。

これにて京都の旅2日目も終了♪
3日目は鳥羽伏見の戦いの跡地を巡ります。
(3日目へつづく…)

| | コメント (0)

京都の旅 2日目⑤北野天満宮(御土居)

2日目の記事も五つめとなりました…(^_^;)

御所からもバスで移動、次なる目的地は、、、
Kyoto02e01
北野天満宮!

Kyoto02e02
豊臣秀吉が晩年に催した北野大茶会の舞台でもありますね♪
その石碑(奥)と「太閤井戸」。

Kyoto02e03
ぼちぼち梅の季節でもあります。
城ガール隊隊員からのリクエストで、この梅の前で暫し撮影会…(^_^;)

Kyoto02e04
境内になっていた蜜柑を欲しがるみかんさん之図(笑)
※その後、御本人により「これは蜜柑ではなく、金柑です」との訂正を頂きました。失礼いたしました☆(^_^;)

Kyoto02e05
そして秀吉によって築かれた御土居(堀底から見た図)。
京の都防衛のための巨大な堀と土塁で、洛中洛外を隔てていました。

Kyoto02e06
これは凄い!しんさんに教えていただいた、御土居の内側に溜まった水を抜くための排水溝。こんなのが残っているなんて…!

Kyoto02e07
ちょ、サイガさん?!…(笑)
排水溝の中がどこまで続いているのか、必死に調査されていましたwww

そして、サイガさんのテンションが上がるにつれ、空模様が怪しくなるという…(^_^;)
恐るべし!(Twitter仲間には周知の事実、サイガさん=雨男)

Kyoto02e08
その排水溝の中(撮影:サイガさん)
本当に真っ直ぐに伸びています!苦労されただけあって、見事な1枚!

御土居探索の後は暫し休憩所でお茶を頂き、再び移動開始。
天満宮前のバス停でバスを待っていたら、なんとこの後の飲み会から合流予定の寺旅人さん(以降、寺さんとお呼びします)と遭遇!
一緒に三条まで戻りました。

| | コメント (0)

京都の旅 2日目④蛤御門

さてさて、本能寺跡地巡りの後はバスで少し移動した後、喫茶店のようなお店に入り、ランチタイム♪
(使える写真がなかったので省略しますが…)

Kyoto02d01
堺滞在中の家康に本能寺の変の急報を届け、伊賀越えも助けた豪商・茶屋四郎次郎邸跡や、

Kyoto02d02
水戸藩邸跡の碑を見やりつつ…

Kyoto02d03
禁門の変の舞台、蛤御門に到着~!

Kyoto02d04
門柱には戦闘時の弾痕がハッキリと…

Kyoto02d05
しかし、少し上を見ると全くない。弾痕は人間の背丈くらいの高さまでしか確認できません。
これは当時の銃の精度からしても、それだけ至近距離での銃撃であったことを物語っているのだそうです。

Kyoto02d06
現在の御門から100m程内側に入った辺り。実は禁門の変当時、蛤御門はこの辺りに建っていたとか。向きも90度違ったそうです。

Kyoto02d07
京都御所。実はここも中まで来るの初めて(^_^;)

ここでも禁門の変の解説を初め、みかんさんが大活躍でしたね♪
とてもたくさんのことを教えていただきましたが、私の乏しい幕末知識が下地ではとてもまとめ切れません…(>_<)
だいぶ端折ってしまいますが、次へ。

| | コメント (0)

京都の旅 2日目③本能寺跡地

八木邸をあとにして、徒歩で本能寺跡地に向かいます。

Kyoto02c01
途中で目に止まった京都三名水の一つ「醒ヶ井の水」

ところで本能寺の跡地、現在の地図でいうとこういう位置になります。
Kyoto02c02
サイガさん配布の資料より(各印入れはしみず)
少しでも分かり易いように、これからご紹介する写真や模型にも該当ポイントを共通のカラーリングで印を入れました。
なお、南東の青い短い横ライン辺りから本能寺の堀跡が発掘されています。

Kyoto02c03
本能寺復元案模型(写真提供:サイガさん)
この写真の南正面案の他、東正面案など他の考察もあるようですが、ここでは南正面案を基に進めます。

Kyoto02c04
まずは寺域南東の角(地図a/水色ラインのポイント)からアプローチします。
角の部分で現在では道幅が半分に狭まっていますが、これは角から手前は堀を埋め立てて道とし、奥は宅地としたためです。従って、道幅の違いの分だけ堀幅があったことになります。

Kyoto02c05
「此附近 本能寺址」の碑(地図&模型の赤●ポイント)
この辺りが正門があった場所になります。

Kyoto02c06
正門跡から真っ直ぐ北上♪(地図&模型の黄緑ライン)

Kyoto02c07
地図&模型の赤い十字ポイントから東を見た様子。
bポイントのあのクランク…、あれは東門の虎口の名残じゃないの!?でなきゃ、こんな不自然に曲げる理由もないでしょ。。。これだけでメチャクチャ興奮しました♪

信長公が最期を遂げた御殿(御座所)は模型で言うと本堂のすぐ北東の茶色い屋根。ということは、赤い十字ポイントから更に少し北上した…

Kyoto02c08
この辺り、ちょうど皆が見ている右奥のグレーの建物辺りになるのではなかろうか。
ここで織田信長は…。一人、涙が出そうになっていたことを、今ここで初めてコッソリと告白しておく(^_^;)

一通り歩いてみた上での感想。
寺域であったであろうと思われる区画のラインや規模、その中央部分から東側虎口跡(と思われる)ポイントまでの距離、、、諸々条件を重ね合わせると、やはり「南正面案」が正しいのではないかと改めて思った。
まぁ、この辺り一帯を一斉に発掘できればいろんな真実が出てくるんだろうけどね。さすがにそんな無茶は今更ムリ…(笑)

さて、お次は…?w


※本能寺跡地の推定範囲について
Map
豊臣秀吉により、寺町の現在地へ移転される前の本能寺跡地について、従来からの説は;

東西:西洞院通~油小路/南北:錦小路通~六角通までの、南北に長い2街区(上地図「」範囲)

とされてきました。
これは江戸時代(宝暦3年/1753)に作成された古地図に拠っていたのですが、近年の発掘調査の結果、その中央を横断する蛸薬師通沿いから下京惣構の堀が発見されました。(同水色のライン
これによって本能寺跡地は蛸薬師通以北にあった(某老人福祉施設前に建てられている碑が実際の範囲から南へ外れているのもこのため)ことが確定し、現在では;

東西:西洞院通~油小路/南北:蛸薬師通~六角通までの約130m四方の1街区(同「」範囲)

とする説が最もポピュラーに紹介されています。
この当該1街区を天文14年(1545)に本能寺が、それまで所有していた土倉の沢村家から買い取った記録が残っていることも、この説を後押ししているようです。

しかし、戦国史研究家の藤井尚夫先生は著書「ドキュメント 信長の合戦」(学研)の中で;

・位置が1街区分南へずれてはいたが、宝暦3年段階では2街区分の広さがあったと想定されていこと
・僅か130m四方の1街区のみでは諸伽藍に加え、信長が自らのために築かせたと云う御殿(御座所)を配置するには手狭過ぎると思われること
・寺町に移転した本能寺の境内が2街区分あった(現在よりも広かった)こと

などの点を挙げ、実際の範囲を東西、及び南面は変わらないものの、北は三条通まで含めた2街(上地図で赤く塗った部分)だったのではないか、と推定されています。

土地買い付けの証文が1街区分しかないといっても、それは現在に残っている記録が沢村家から買い取った分だけ、ということであって、それ以外の部分は買っていないということにはならないでしょうし、私も現時点では藤井先生の説を支持したいと思います。

| | コメント (0)

京都の旅 2日目②前川邸&八木邸(オフ会スタート)

午前10時、京都駅前バスチケットセンターにて集合!
今回の参加者はサイガさん、しんさん、ririoさん、海姫さん、みかんさん、明日香さん、私の7名。まずはバスに乗って新選組が屯所にした前川邸、八木邸へ向かいます。

Kyoto02b01
前川邸

Kyoto02b02
山南敬助が切腹前、島原の天神・明里との別れを惜しんだ出窓があった辺り。

Kyoto02b03
土方歳三が捕らえた古高俊太郎を逆さ吊りにして拷問にかけた蔵2階の窓(左奥)。
ここから池田屋騒動へと発展していく。

Kyoto02b04
すぐお隣には八木邸。
後ろ姿はしんさんと海姫さん♪

Kyoto02b05
邸内撮影禁止なので写真はありませんが、みかんさんのガイドのお陰で芹沢鴨暗殺現場の刀傷や鴨の血天井、躓いた文机などもしっかり観れました♪

休憩所で抹茶と屯所餅を頂いた後、徒歩で次の目的地へ移動します。
※休憩所のおばちゃんの態度のでかさ、あれはいただけないな。一瞬イラッと来た。一人だったら文句言ってたな(苦笑)
(つづく…)

| | コメント (0)

京都の旅 2日目①朝の散歩

2日目。ここからは細切れに更新していきます…(^_^;)
まずはオフ会集合時間までの朝の散歩から。

Kyoto02a01
地下鉄「二条城前」駅にて。なんかいろいろ展示していました。

Kyoto02a02
地下鉄の階段…ホンマかい?!(笑)

Kyoto02a03
さて…まずはこちら、“今の”本能寺。

Kyoto02a04
オフ会でこの後、実際に本能寺の変が起きた跡地を巡りますが、まずは信長公の廟所にお参り。

Kyoto02a05
本能寺境内

Kyoto02a06
信長公廟

Kyoto02a07
例え遺骸は埋葬されていなくとも、長い年月、信長公を祀ってきた人々の「念」が込められた場所には違いない。やっと来れました。。。

Kyoto02a08
信長公のお墓の左隣には、本能寺の変で散った人々の合祀墓。

Kyoto02a09
手前(下段)から、徳川家重(九代将軍)夫人の供養塔、管中納言局庸子の石塔、島津義久夫人の石塔。
何故この序列になったのかは疑問。。。

Kyoto02a10
本能寺からは徒歩で三条大橋へ。偶然に通りかかった今晩の宴会場(笑)

Kyoto02a11
三条大橋の袂、弥次喜多像w
「東海道中膝栗毛」(十返舎一九)の中で2人は、この三条大橋近くの宿に泊まり、梯子を買わされる羽目に陥っています(笑)

Kyoto02a12
三条大橋の擬宝殊に残された刀傷。
現地説明板では「池田屋騒動の時に付けられたものでは?」とありましたが、果たしてどうでしょうか…。さすがにいつの時代、どの瞬間に付けられたものかは特定できないと思います。

Kyoto02a13
三条大橋
この後、再び京阪電鉄で移動します。

Kyoto02a14
以前から一度来てみたかった三十三間堂。

Kyoto02a15
…またかよ。
webで調べたら午前8時から開いている(この時点で8:20くらい)と書いてあったから来たのに…。冬期は9時からなんだそうです。だったらちゃんとそう書いておいてよ。

集合時間の10時まではまだだいぶあったので、再びバスに乗ってダメ元で西本願寺へ行ってみた。今回のオフ会、懇親会場を「池田屋」に定めた瞬間からウェートが新選組にシフトしていったので…(笑)

Kyoto02a16
…だから、ここはダメ元で来たからいいんだって!ww
はい、やはり入れませんでした(笑)

さて、まだ時間もあるし、のんびり歩いて京都駅に向かいますかね。
Kyoto02a17
集合場所の京都駅前に到着~

さ、いよいよオフ会が始まりますよ~!
(つづく…)

| | コメント (0)

京都の旅 初日②妙心寺~二条城

金閣寺の後はバスと徒歩で移動…

Kyoro01b01
妙心寺へ♪

Kyoro01b02
手前から仏殿→法堂→大方丈。

Kyoro01b03
「明智風呂」
1587年頃に作られたとのことですが、何故「明智」なのか、その由来は今一つはっきりしないようです。

Kyoro01b05
妙心寺を訪れた最大の目的はここ、春光院!…が、やはり拝観謝絶 orz

Kyoro01b06
この春光院には信長の時代、南蛮寺で使われていたという梵鐘が保存されているのです。これが観たかった…。
誇らしげ?に説明板を出すくらいなら、鐘だけでも見せてくれたらいいのに。。。

Kyoro01b06a
気を取り直して…折角だから佐久間象山先生にもご挨拶していきますか。パンフレットによると特別公開中らしいし、大法院(松代藩主・真田信之の孫、長姫が開基)。

Kyoro01b07
……おいっ!
なんだよ、「拝観中止」って…orz 一気に疲れた。

Kyoro01b08
ずっと降ったり止んだりしていた風花が、この辺りで激しく舞い散るようになりました。。。写真でもはっきり分かるくらいに。

Kyoro01b09
再びバスで移動。何だかんだで来ちゃいました、二条城www

Kyoro01b10
二の丸の唐門は現在、修復工事中。

Kyoro01b11
二の丸御殿。しっかり大政奉還の現場なども見学して来ました♪
御殿内の見学ルート、実は450mもあるらしいですよ。

Kyoro01b12
二の丸から本丸への入口、本丸櫓門。
相変わらず、いつ見てもユニークな形♪

Kyoro01b13
天守台から本丸の様子。

Kyoro01b14
その天守台。

Kyoro01b15
だいぶ疲れてきたし、そろそろ空腹も限界。二条城、撤収~

Kyoro01b16
二条城の近くのラーメン屋で遅い昼食を頂いた後、ホテルにチェックイン。
今回の2泊のお宿はこちら「ANA CROWNE PLAZA HOTEL」。実は二条城(東側)の道路1本隔てたお隣なのです♪

Kyoro01b17
さすがにお隣なだけあって、ホテルロビーには「洛中洛外図屏風」のレプリカや、

Kyoro01b18
二条城の模型なども展示されていました♪

Kyoro01b19
夜のお散歩、二条城東大手門。ライトアップされていました。

Kyoro01b20
東南隅櫓。こちらはライトアップされていなくて実は真っ暗だったのですが、デジイチのお陰で撮影成功♪

Kyoro01b21
初日は拝観できない所が多く、望んでいた成果は上げられなかったけど、それでも巡り歩いているだけで心が酔える1200年の歴史の街・京都♪
楽しくて仕方ない☆

2日目へつづく…

| | コメント (0)

京都の旅 初日①大徳寺~金閣寺

とうとう京都オフ会の時がやってまいりました!
2月9日の初日はオフ会の為の前乗りで、お気楽な一人旅。完全に観光気分です(笑)

と言っても実は私、出張のついでで史跡を巡ったことはあっても本格的に京都を旅するのはこれが初めて(20年以上前に親と旅行したことはあるが、あの時はただついて回っただけだし)。
京都はそこかしこ街中「歴史」だらけで、どこから手を付けたらいいか考えが回らず、ずっと後回しにしていました…(^_^;)

そんな訳で今回も初日のルート決定までには紆余曲折があったのですが、今回のオフ会のキッカケが本能寺跡地巡りに端を発しているので、まずは大好きな信長公にも縁のある大徳寺へ向かうことにしました。


早朝に自宅を出て、東京駅から新幹線で京都へ。そこからは地下鉄烏丸線→北大路→バスと乗り継ぎ、午前11時前には目的の大徳寺に到着!

Kyoro01a01
ご覧になってもお分かりの通り、大徳寺境内には数多くの塔頭が建ち並びます。とても全てを巡ることは出来ませんので、この中から3つほどピックアップします。

Kyoro01a02
勅使門

Kyoro01a03
仏殿
前の晩に降ったという雪がまだ残っていました。

Kyoro01a04
石田三成の首が葬られたという三玄院。早速お参り…と思ったのですが、

Kyoro01a05
門柱に掲げられた「拝観謝絶」の札…。
ろくに下調べもせずに来たのがいけないのですが、折角の史跡も普段は公開されていなかったのですね…(T_T)

Kyoro01a06
そして、最も来たかった場所「総見院」
秀吉によって祀られた信長公の廟所があります…が、

Kyoro01a07
こちらも「拝観謝絶」。
特別公開されることとかってあるのかな~?あるのなら何としても駆けつけたい!!!

Kyoro01a08
高桐院。こちらは公開されています。

Kyoro01a09
雪の残る綺麗なお庭を拝しつつ…

Kyoro01a10
細川家廟所へ。
正面に見えているのが、細川三斎(忠興)・ガラシャ夫妻の墓所。

Kyoro01a11
細川家初代・幽斎(藤孝/正面)と歴代之墓。

Kyoro01a13
「袈裟形のおりつくばい」(浄水盤)
加藤清正が持ち帰った朝鮮王城羅生門の礎石で、三斎に贈られたもの。
三斎はとても気に入っていて、肥後⇔江戸間の参勤交代時にも持ち歩いていたというが…運ばされる家来からしたら、いい迷惑だよな(^_^;)

Kyoro01a14
書院 意北軒
千利休邸を移築したもので、襖絵は狩野永眞(探幽の弟)の筆。

Kyoro01a15
大徳寺をあとにして、次の目的地まで1.5km程の道のりをのんびり歩きます。途中で目にした大文字!

Kyoro01a16
およそ20分強で到着!

Kyoro01a17
屋根に雪を被った写真が撮れないかな~と思って寄ってみたんだけど…すっかり溶けちゃいましたね(笑) 逆さ金閣も辛うじて? 21年ぶりの再訪。

Kyoro01a18
なんか、「あぁ~京都に来た」って感じww

Kyoro01a19
陸舟の松
足利義満の盆栽を移して帆掛け舟の形に仕立てられたと伝わる松。

この後は妙心寺へ向かいます。
(つづく…)

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

比企の城攻めオフ♪ ②小倉城・杉山城

比企の城攻めオフも後半…

■小倉城
20130203_151844
4城目は小倉城。こちらもれっきとした山城ですが、城域まで車で登れます。

20130203_152752
土塁を前にして…。サイガ先生も少々お疲れ気味?(笑)

20130203_153239
あ、ほらまた…(^_^;)

20130203_154318
本丸の石碑前で軍議中。。。

20130203_155304
主郭部へ続く尾根筋をザックリと絶ち切る堀切。私が立つ位置から対岸の天辺まで、本来は尾根道が続いていた筈です。この深さ!
あ…この写真のちょめさんは私がリクエストして立って貰いました(笑) 堀の深さが分かり易いでしょ?

20130203_160036_2
そして、小倉城のもう一つの見どころは石垣!
薄い石を平積みにしたような不思議な形状の石垣が、特に三ノ曲輪をぐるっと固めています。

20130203_160158
大きな竪堀が畝状に3本通っているポイント。写真だとあまりに分かり辛いですが…。
現地を訪れた際はお見逃しなく。

20130203_160549
関東の山城に残る石垣って、こういう細かい石で積まれたものが多い気がする。
…そもそも石垣自体が少ないけど(^_^;)

20130203_160753
このポイントから見る石垣は高さといい…いいね♪

20130203_160919
小倉城の石垣、形状などから察するに上方の影響とかではなく、当時から土止め(形状保全)の意味合いが強かったんじゃないかなぁ、と勝手に推測。岩盤の質の問題もあるだろうが積み方が全く違うし、あえてそれ以上の必然性も感じなかったので。

20130203_161342
岩盤をくり抜いたような堀切にて。
城ガール隊の面々は、岩盤の地質にまで興味津津?(笑)

20130203_162057
へぇ~ここから徒歩で青山砦までイケるんだ。

小倉城も曲輪や堀、土塁、そして石垣、、、良質な遺構がお出迎えしてくれました♪
ここもお薦め!

■杉山城
20130203_165846
本日最後は杉山城!
小倉城から一旦、菅谷館まで戻って全員の車をピックアップ。そこからは兎に角、日没との勝負!ww

20130203_170510
土塁を渡り来るあいすさんを横矢から攻撃!w

20130203_170656
どんどん日が暮れる。。。急げ!

20130203_170945
杉山城と言ったら、やはりこの眺め♪ 本郭から南面の大手口方面。
こうして郭の段々を見ると、如何にして敵の侵入に備えたかがよく分かるね。す、素晴らしい…

20130203_171141
本郭の石碑を前にして。
今回が山城初体験のtantanさんも興味深げに説明板でお勉強中~♪
(その向こうでさり気なく仁王立ちは…なっちさんwww)

20130203_171238
これは岸縁入路か、単に二重土塁か…?!
しかし、格好いいな。。。

20130203_171307
遺構の名称を云々する以前に、これはもう造形美♪

20130203_171400
本郭から見た東二、三の郭。こっちもいいな☆

20130203_171641
昨年4月に訪れた際は藪っていた北の郭群。今回は綺麗に刈り込まれていました。
こちらは北二と三の郭間を断ち切る堀。もうそろそろ暗さが限界(笑)

20130203_172536
最後に、井戸跡に集まる本日の参加者たち。

これにて比企の城攻め5城、終了です。この後は近くのファミレスで夕食を共にし、解散しました。
皆さん、本当にお疲れさまでした。なっちさん、サイガさん、お世話になりました。そしてTwitter、今回もいい出会いをありがとう♪

| | コメント (0)

比企の城攻めオフ♪ ①松山城・菅谷館・腰越城

2013年2月3日(日)、この日は埼玉県比企郡の城攻めオフ♪(幹事:なっちさん/講師:サイガさん)
参加者は前出のお二方に加え、あいすさん・さとみんさん・ロームさん・ちょめさん、そして初めまして♪のririoさん・tantanさんを加えた総勢9名(勿論、私を含む)。

※予めお断り→今回はオフ会の様子を簡単に紹介する感じで、城跡の詳細は特に掘り下げて載せておりません。悪しからずご了承を。

■松山城
20130203_081342
集合は吉見百穴前に午前9時。ところが高速が驚くほど空いていたので、私は何と8時には到着してしまった…。
早朝、まだオープン前の吉見百穴。

パラパラと集まりだした参加者達と談笑しつつ、電車組の到着を待って…

20130203_091113
いよいよオフ会スタート!
まずは吉見百穴のすぐ隣、武州松山城から♪

20130203_091246
岩室観音堂の真下から伸びる、岩盤をくり抜いた竪堀。
下山時はロームさんと2人、ここを下ってきましたが、かなりの急勾配!

20130203_092028
平山城とはいえ、そこそこ登ります。

20130203_093259
本丸に建つ石碑

20130203_093725
堀底に下りて見上げると…こちらを狙う敵兵が!?(ちょめさんですw)

20130203_094140
二ノ曲輪から南側を見た様子。岸縁入路状の土塁が何とも格好いい…

20130203_094306
ちなみに松山城とは、こんな感じのお城。
北西方向に最初に見た岩室観音堂から伸びる竪堀があり、我々は西側の斜面から登ってきました。

20130203_095016
…オイッ!(^_^;)
ホントにこの子(ちょめさん)ときたら…人が写真を撮ろうとするとワザと前を横切るし、土橋や土塁の上に立っていると後ろから突き落とそうとしてくれるし…困った子ですwww
きっとあれだな、今回はこばたかさんがいなかったからだな(笑)

20130203_095654
恒例の藪漕ぎ~
しかも松山城の藪には「イバラ」が多くて難渋しました。皆、傷だらけ!w

20130203_101330
三方向に伸びる土橋ヽ(^o^)丿
八王子の滝山城にも同じ形状のものがありますね。好きだな~こういうの♪

20130203_102150
屈折した空堀。美しい…

20130203_102302
三ノ曲輪(手前)と四ノ曲輪を繋ぐ土橋ヽ(^o^)丿

20130203_104642
堀底を分断するかのように伸びる土盛り(堀障子の原型?)に見入る参加者たち。

まだまだ、ここでは紹介しきれないくらい魅力的な遺構がふんだんに残る松山城。複雑な縄張をたっぷりと1時間30分ほどかけて堪能しました。

■菅谷館
20130203_115716
車で少し移動して、お次は菅谷館へ。こちらは整備が凄く行き届き、堀や土塁の形状を分かり易く見学できます。

20130203_120040
本丸をぐるりと囲む土塁

20130203_121523
「火」!?…水道だけに「昨日来やがれ!」ってこと?(笑)

20130203_121832
出枡形土塁

20130203_122136
畠山重忠の石像…傾いてワイヤーで吊るされてますww

菅谷館での滞在時間は1時間弱くらいでしたかね。勿論こちらもまだまだ沢山見どころがあるのですが、今回はデジイチを持参しておらず、スマホのみでの撮影だったのでロクな写真がない。。。
個人的には松山城共々、2度目の訪問で別の記事でも紹介しているので、そちらも合わせてご覧ください。

■腰越城
20130203_131753
菅谷館の駐車場にロームさんとあいすさんの車を置き、ここからは私となっちさんの2台で移動。
本日3城目は腰越城!こちらの登山道入口で記念写真を撮りました♪(さとみんさん、ちょめさん、写真ありがとうございました)

20130203_132958
しばらくは遺構もなく、ひたすら階段を上ります。。。

20130203_134310
10分ほど登って城域に辿り着くと、そこからはそれはもう見事な遺構が楽しめます♪
こちらは竪堀と横堀が交差している地点。なかなかないよね、こういうのも。

20130203_134553
写真で見てもハッキリ分かるくらいだから、実際に現地で見たら…分かるでしょ?山城経験者には!(笑)

20130203_135445
石積みを発見!しかもこれ、落ち葉に埋まっていますが斜面下に続く土塁状の側面全体に残っているのです。
後世に積まれた土止めとも思えるが、それならば何故ここだけ?という疑問も残るし…という訳で私(と、さとみんさんも?)の中では、こちらを「登り石垣」と勝手に認定♪(笑)

20130203_140306
腰越城本丸。

20130203_140322
結構登ってきただけに…この絶景!

20130203_140702
お!真面目にお勉強中のロームちゃん♪w

20130203_140751
…と、思い思いに本丸周辺を探索する面々。

20130203_143838
駐車場まで下山して見付けた看板。簡単な模型も置かれていました。

腰越城、初めて来ましたが結構楽しめますよ。
勾配はあるけど登山道も整備されているし、駐車場も完備。まだの方は是非♪

※後半へつづく。

| | コメント (2)

2013年2月 2日 (土)

満10歳の誕生日♪

2月2日は愛犬ボンのお誕生日!今年で満10歳になりました♪

20130202_162838
毎年恒例のボン専用お誕生日ケーキ作成中♪
待ち切れないこの目ヂカラ!(笑)

20130202_164040_2
…来たっ!
大好きなお芋さん(サツマイモ)とリンゴで作ったケーキ?を前に飛び掛かるの図(笑)

20130202_164033
もうイレコミが激しくて押さえるの大変!!(爆)

20130202_164240
与えてからは一瞬の出来事…(^_^;)

未だ右前脚の不安は付き纏うが、今年も無事に誕生日を迎えられてよかったね♪
いつも家族に笑顔と幸せをもたらしてくれて、ありがとう!これからも健康で仲良くしようね☆

| | コメント (0)

観泉寺 - 今川氏累代墓

西武新宿線「上井草」駅から徒歩でてくてくと…

20130130_01
軽く1km以上ありましたね…現在地。
「今川」という地名だけでもうテンション上がる!(笑)

20130130_02
想像以上に広大な敷地。土塀?が延々と続く…

20130130_03
あれ?途中で一つ前の写真の場所と瓦の紋が変わった!

20130130_04
という訳で今回は、こちらを目当てに観泉寺にやって来ました♪

20130130_05
観泉寺山門

20130130_06
山号は「宝珠山」(曹洞宗)

20130130_07
観音堂

20130130_08_2
本堂と境内

20130130_09
墓地内にある「今川氏累代墓」

戦国時代、桶狭間の戦いで、織田信長に敗れた今川義元の子孫は、江戸時代には高家として幕府に仕えました。今川家は知行所として上・下井草、鷺宮、中村などを給され、幕府の儀式典礼を司り、将軍の名代として京都への使者や、日光、伊勢などの代参を勤めました。
義元から三代目となる直房はこの観泉寺を今川家の菩提所とし、今川氏の始祖国氏や義元など今川一族の供養を行うようになりました。墓碑が残るのは義元の子氏眞以降の当主や一族出身の女性や子供などなど多岐にわたっています。
また、観泉寺は今川氏の所領支配の中心でもあり、年貢の徴収や裁判の拠点となっていました。
この周辺の今川という地名も今川家と観泉寺とのかかわりに因むものです。
(東京都教育委員会)

20130130_10
左から2つ目が今川氏真のお墓。累代の一族のお墓が敷地をぐるりと囲みます。

20130130_11
辛うじて戒名も読み取れるかな?
「仙岩院殿豊山泰英大居士」(今川氏真)

20130130_12
この観泉寺の境内、とても上品で静か、ゆったりとした時間が流れていて良かったです。
ここ最近訪れた豪徳寺や松陰神社などの中では一番好きかな。

| | コメント (0)

松陰神社(東京)

先日記事をUPした豪徳寺へ向かうために乗った世田谷線。
その車内で「どんな所を通るのかな~」と何気なく路線図を見ていたら…

20130128_b01
え、松陰神社?!
存在は知っていましたが、まだ詳細を調べてはいなかったので場所までは把握していませんでした。へぇ~ここにあったんだ…

20130128_b02
という訳で、来ちゃいました(笑)

吉田松陰刑死の4年後(文久3年)、門下生であった高杉晋作、伊藤博文らによって長州藩主の別邸があった当地に墓が改葬され、明治15年に松陰を祀る社を建立したのが始まりだそうです。

20130128_b03
松陰神社道の道標
旧大山道(矢倉沢往還。現在の世田谷通り)から松陰神社に至る道の入口に建てられていた道標。世田谷通りの拡張事業の際に境内に移設した。明治45年乃木希典公により寄進。
(現地案内板より)

20130128_b04
徳富蘇峰植樹の碑
徳富蘇峰(本名 猪一郎、徳富蘆花の兄)は明治の言論人。肥後の生まれで、熊本学校をへて、同志社に学ぶ。政治的には桂太郎と密接な関係を持った。
明治41年自身の著述「吉田松陰」発刊にあたり植樹をおこない、碑を建立した。
(現地案内板より)

…ちなみに、どれが植樹された木なのかはよく分かりませんでした。
(同志社出身なので新島八重さんにも会ってるんですよね。確か八重のことを「ヌエのような女」とか何とか、酷くこき下ろしたようなことを言っていたような…。あれ確か蘇峰だったよな?)

20130128_b05
御社殿

20130128_b06
吉田松陰像

20130128_b07
山口県萩市の松陰神社に保存されている松下村塾を模したもの。

20130128_b08
五十年祭と百年祭の石碑。

境内には他に、伊藤博文・山縣有朋・井上馨・桂太郎・乃木希典・etc...錚々たる面々が奉納した32基の石灯籠などもありました(写真を撮り忘れた…orz)

20130128_b09
松陰先生他烈士墓所
手前の鳥居は木戸孝充寄進。

20130128_b10
そして、吉田松陰(寅次郎)墓

とても意外だったのだが、よくよく考えるとすぐ近く(ほぼお隣と言ってもいいくらい)には豪徳寺がある。そこに眠るのは…井伊直弼。そう、安政の大獄で松陰の処刑を命じた張本人。
何の因果か偶然か、すぐ近くに眠っていたんですねぇ…

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »