« 大徳寺 総見院-特別拝観 | トップページ | 妙心寺、三十三間堂 »

2013年3月30日 (土)

大徳寺 - 興臨院・龍源院・黄梅院

総見院の後は特別公開の三ケ寺共通拝観券を買っていたので、そのまま興臨院へ。

13032310
と、その前に…千利休の木像が置かれ、結果的にその足下を潜ることになるからと秀吉の怒りを買って利休切腹の原因になった、との逸話(あくまでも逸話)も残る「金毛閣」。


■興臨院
13032311
では、興臨院へ。

13032312
枯山水の方丈庭園

13032313
茶室「涵虚亭」
“織部好み”と言われ、利休のものより広く作られている。では次へ移動。

13032314
ズラリと塔頭が並ぶ大徳寺境内。


■龍源院
13032315
黄梅院へ向かう途中、こちらも公開されていたので別途拝観料を払って入ってみます。

13032316
「東滴壺」
日本最小の石庭で“つぼ庭”から、この名前が付けられています。

13032317
阿吽の石庭「滹沱底」
奥に見えるのが阿吽の「吽」の基礎石(阿は写真に入っていません)。何とこの阿と吽の石、あの聚楽第のものと伝えられているそうです☆

13032318
方丈前の石庭…はぁ~なんか、京都☆だね(笑)


■黄梅院
13032319
さて、大徳寺での拝観の最後は黄梅院。
信長公が父・信秀の供養のため、庵を建てさせたのが起源となっています。

13032320
小早川隆景に蒲生氏郷…堪らん!但し、特別公開中でも墓所はお参り出来ません(涙)
なお、小早川隆景は天正17年にこちらの鐘楼・客殿・庫裡の普請奉行を勤めています。

13032321
黄梅院ではとても素敵なお庭を巡れるのですが、この前庭を除いて全面撮影禁止の為、写真はありません。

さぁ、大徳寺をあとにして次へ向かいますか!
つづく。

|

« 大徳寺 総見院-特別拝観 | トップページ | 妙心寺、三十三間堂 »

お城、史跡巡り 近畿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大徳寺 総見院-特別拝観 | トップページ | 妙心寺、三十三間堂 »