« 松井田城・磯部城・安中城 | トップページ | 富岡製糸場 »

2014年3月 6日 (木)

神流川の戦い

20140302c01
「神流川古戦場跡」の碑

神流川の戦い
天正10年6月、本能寺の変による織田信長の横死をきっかけに織田方の滝川一益(東国取次)と、それまで織田家とは協調関係にあった小田原の北条家との間で起きた戦い。
上野・武蔵国境の神流川(現在の埼玉県上里町周辺)を跨いで争われ、数に勝る北条家の勝利に終わり、一益は辛うじて本領の伊勢長島へと逃れていきました。
20140302c02
戦場となった一帯の現在の地図。
広大な平野の広がる舞台で、戦国期を通じて最も規模の大きな野戦だったとも伝わります。
※先程の石碑は地図地点

20140302c03
ツアーの時間も押して夕闇が迫る中、駆け足での古戦場巡りになりますが、一度来てみたかったので楽しみです♪

20140302c04
まずは上の地図で右側に表示されている陽雲寺へ。
元々は満願寺といい、かの新田義貞が鎌倉幕府打倒を祈願して不動堂を建立したこともあると云うので、相当歴史のあるお寺です。
室町期には金窪城主・斎藤氏の帰依を受けていましたが、神流川の戦いに於いて一度焼失しました。
(陽雲寺に限らず、周辺には同様に“神流川の戦いで焼失した”という伝承を持つ寺社がいくつもあるそうです。このことからも、戦いが広範囲に渡って繰り広げられたことが分かります)

その後、この辺りの領主となった川窪信俊(武田信玄の甥)が再興し、寺号を自らの養母で信玄夫人であった陽雲院からとって陽雲寺としました。

20140302c05
なので、お寺には武田信玄にも所縁の品々がいくつか残されているようです。
武田信玄の起請文なんて、ちょっと拝見してみたいですよね☆

本能寺の変報を受け、小田原の北条氏政は天正10年6月11日付で滝川一益に対し;
今後も変わらずに協調関係を継続したい
と伝えてきます。

ところが実際には、その翌日の12日には領国に動員令を発し、上州侵攻を開始するのです。
この侵攻の理由としては同年2月の甲州征伐時、一度は北条家が奪取した松井田城を一益に取り上げられたことや、上野各地の領有を巡って北条家に不利な裁定を下されたことに不満を募らせていたことなどが挙げられているようです。
まぁ何にしても関東制覇は北条家の宿願でしたからね。

こうした北条家の動きをいち早く察した一益は6月18日、上州から神流川を越えて北条方の金窪城を攻略します。これが神流川の戦いの初戦。

・・・そう、件の金窪城です。実は再興された現在の陽雲寺は、その金窪城の跡地(一部)に建っています。この辺り一帯には現在でも「金久保」の地名も残ります。
(寺の目の前には旧中山道が通っています)

今では普通にどこにでもありそうなお寺さんに見えますが、よ~く境内を観察すると、、、

20140302c06
土塁が残っていたりします。

20140302c07
こっちには土塁の下に堀の跡も☆

20140302c08
こちらは変に造成してしまっていますが、これも土塁や堀の名残でしょう…一つ前の写真の堀や土塁のラインと繋がっていました。

まさに神流川の戦い、初戦が行われた地なのです!

初戦には勝利した滝川一益でしたが、翌19日になると態勢を整えた北条の大軍団が押し寄せます。
最終的な兵力は滝川軍18,000に対し、北条軍は50,000以上とも云われ、そこは広大な平野部での会戦。兵力の差は如何ともし難く、再び神流川を越えて撤退する滝川勢を包囲殲滅するように追う北条軍。。。
滝川方の将兵は次々に討たれていき、戦いの帰趨は北条側の大勝利に終わりました。
辛うじて戦場を脱した滝川一益は、最終的には碓氷峠を越えて本領である伊勢長島へと逃れていくのでした。

20140302c09
地図地点の胴塚。
位置関係からしても、神流川北岸(上州側)でかなり熾烈な戦い(包囲殲滅戦?)が繰り広げられたであろうことが容易に想像できます。

20140302c10
そして、同じく地点の首塚(首塚八幡宮)
或いは戦に勝利した北条軍によって、首実検が行われた地か・・・?

本当に主だったポイントのみの訪問ではありましたが、現在も神流川を挟んで広がる広大な大地を眺めていると、当時の雰囲気が充分に伝わってくる古戦場でした。

20140302c11
ところで、、、首塚八幡宮の目の前にあったビニールハウスはご覧の有様。。。
いずれブログでもご紹介しますが、この日訪れた富岡製糸場で目にした倒壊建物といい、つくづく2月14~15日の大雪の被害の大きさを思い知らされました。。。

さ、これにてバスツアーも終了。
新宿帰着後、藤井先生も含めた数名での打ち上げに私も参加させて頂き、最後まで楽しいひと時を過ごしました♪
ありがとうございました☆

|

« 松井田城・磯部城・安中城 | トップページ | 富岡製糸場 »

お城、史跡巡り 関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松井田城・磯部城・安中城 | トップページ | 富岡製糸場 »