« 絹の道 | トップページ | 雨中の水戸城散策。 »

2014年5月 5日 (月)

「水野忠重宛織田信長朱印状」 拝観♪

GWも終盤の5月5日。
「たまには何処かへ連れて行け」という母の要望を受け、「じゃあ何処へ行きたい?」と問い返した答えが・・・何故か「水戸」 (・o・)?

・・・しめた!水戸ならちょうど行きたい所があったんだよね~♪

20140505a01
という訳でやって参りました、茨城県立歴史館
そう、私が水戸へ来たかった理由は、5月18日まで開催されているテーマ展「戦国から江戸へ ―大名水野家3代―」です☆

結城藩主・水野家は元々、徳川家康の生母・於大の実家。その関係で於大の弟である水野忠重は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった天下人たちに引き立てられ、彼らからの数多くの発給文書が残されています。
それらの書状が公開されていると聞けば、見に来ない訳にはいきません☆

豊臣秀吉や徳川家康、織田信雄、徳川家光(忠重の子・勝成宛)など、錚々たる面々からの書状がこれでもか!と並べられていましたが・・・

私の一番のお目当ては勿論、こちら☆

20140505a02
水野忠重宛織田信長朱印状」です♪
(写真は館内配布リーフレットより)

天正九年、武田方の岡部元信が籠る遠州高天神城を包囲する徳川軍。当時、徳川家中にいて高天神城攻めに参陣していた水野忠重に宛てて信長は;

『(高天神)城方より降伏開城の申し入れがあったそうだが、確かにその申し入れを受けた方が城の奪取も早いし、包囲を続けるのは苦労も多いだろう。
しかし勝頼は今、高天神に援軍を送れる情勢ではない。ここで勝頼が援軍を出さずに城が玉砕したとあれば、勝頼の威信は失墜するであろう。
私も一両年中に武田攻めを実行するつもりである。従ってここはどちらが得策か、よくよく考えるよう、家康殿にも申し伝えよ。』
※但し「私は現場にいなくて家康殿や兵たちの苦労を計りかねるので、(徳川)家中の宿老どもとよく相談して決めるように」と、あくまでも結論は徳川家に委ねてもいます。

と書き送っているのです。(一月廿五日付)
実際にこの後の同年三月、高天神城は落城して城将の岡部元信らは玉砕しました。信長が朱印状の中で「一両年中に実行する」と書いていた武田攻め~武田家滅亡の一年前のことです。

図録が発行されていなかったのは残念でしたが、他の展示品を見ては信長の朱印状に引き返し…繰り返し繰り返し何度も、力強く捺された「天下布武」印を眺めていました♪

|

« 絹の道 | トップページ | 雨中の水戸城散策。 »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絹の道 | トップページ | 雨中の水戸城散策。 »