« 西教寺、日吉大社 | トップページ | 佐生城 (城友会2014…①) »

2014年11月27日 (木)

大津城、義仲寺、瀬田の唐橋

20141122b01
日吉大社からは京阪電車で移動し、浜大津へ。

20141122b02
浜大津駅前に建つ大津城跡の碑
大津城といえば、関ケ原の戦い(1600年)の直前に繰り広げられた籠城戦で有名ですね。
浜大津駅周辺はかつて、大津城の本丸でした。

縄張推定復元図
20141122b03
これを見てもお分かりの通り、開発によって今となっては跡形もありませんが…(;´・ω・)

20141122b04
駅から少し南へ歩いた先、大津祭曳山展示館の敷地に残る石垣。
復元図と照らし合わせる限り、位置的に外堀の石垣ということになるのかな?ほぼ唯一と言ってもいい大津城の遺構。


20141122b05
さて、お次は京阪膳所で下車して義仲寺へ。
その名の通り、木曽(源)義仲ゆかりのお寺です。目の前は旧東海道

義仲寺の立つこの地はかつて、粟津ヶ原といって義仲が討ち死にした地であり、彼の塚が築かれていました。
そこへある時、見目麗しき尼僧が訪れて小さな草庵を結び、義仲の塚を懇ろに供養するようになります。その様子に里人が訝しんで訊ねても
「われは名も無き女性」
と答えるのみでしたが、この尼僧こそ巴御前であったのだとか。
彼女の死後、庵は無名庵、巴寺などと呼ばれ、これが現在に至る義仲寺の始まりでした。
鎌倉時代後期には既に木曽寺、木曽塚、義仲寺などと呼び慣わされていたことが文献からも確認できるそうです。

また、江戸時代には俳人・松尾芭蕉も度々訪れては滞在しました。
芭蕉は大坂で最期を迎えますが、
「骸は木曽塚に送るべし」
との遺言に従い、亡骸は義仲寺に運ばれて葬られました。

20141122b06
山門脇には巴地蔵尊

20141122b07
義仲寺境内

20141122b08
史料観には芭蕉の「椿の杖」など、貴重な品々も。
※撮影許可を頂いています。

20141122b09
義仲寺本堂は「朝日堂」
朝日将軍と謳われた義仲にちなんでいるのは言うまでもありません。

20141122b10
巴塚

20141122b11
木曽義仲墓所

20141122b12
松尾芭蕉墓所
義仲と芭蕉のお墓は隣り合わせにありました。

木曽殿と 背中合わせの 寒さかな
           
又玄(芭蕉弟子)

20141122b13
翁堂

20141122b14
翁堂の天井絵は伊藤若冲の作

20141122b15
芭蕉の句碑
古池や 蛙飛びこむ 水の音


20141122b16
この日最後の行程は瀬田の唐橋へ。
近江八景の一つ「瀬田夕照」の今を撮りたくて、しばし瀬田川の畔に座り込んで夕陽待ち。。。
20141122b17
近江八景「瀬田夕照」

20141122b18
もう少し赤くなって欲しかったけど目的は達したし、満足。


20141122b19
夜は2泊滞在する彦根へ移動し、ホテルにチェックイン。

駅前の居酒屋で、翌日からの城友会に参加するメンバーの内、前乗りしている流星☆さんやゆっきー、東京での仕事を終えてから駆けつけたこばたかさんらと前夜祭で盛り上がりました♪

|

« 西教寺、日吉大社 | トップページ | 佐生城 (城友会2014…①) »

お城、史跡巡り 近畿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西教寺、日吉大社 | トップページ | 佐生城 (城友会2014…①) »