« 千草越え | トップページ | 城友会2015…②甲賀 »

2015年11月29日 (日)

城友会2015…①伊賀

城友会2015、初日は伊賀のお城をめぐります。

敢國神社
2015112201
まずは伊賀國一宮、敢國神社にお参りです。

2015112202
敢國神社拝殿

(天正9年)九月十日、伊賀国さなご嶺おろしへ諸手相働き、国中の伽藍、一宮の社頭を初めとして、悉く放火侯
(信長公記 巻十四「伊賀国、三介殿仰せつけらるゝ事」より)

天正9年(1581)9月、5万近くもの織田の大軍が四方から伊賀へ攻め寄せた第2次天正伊賀の乱
この時、敢國神社も戦火に巻き込まれて焼失しています。

2015112203
裏参道

2015112204
また、敢國神社裏手には浅間社を祀る南宮山という高い山が聳えていますが・・・

十月十日、一宮に至りて御参着。暫時の御休息も御座なく、一宮の上に、国見山とて、高山あり。則ち、御登山侯て、先づ、国中の様子御覧じ計らはる。御座所御殿、滝川左近結構に立て置き、中将信忠御座所、其の外、諸勢残る所なく拵へ置き、珍物を調へ、御膳上げ申し、御馳走斜ならず。
信長公記 巻十四「伊賀国へ信長御発向の事」より)

織田信雄(以降も名称は織田信雄で統一する)を総大将とした織田軍が伊賀を平定した後、織田信長伊賀の視察に訪れます。
伊賀に入った信長は真っ先に一宮、即ち敢國神社へ向かい、国見山に登って国中の様子を眺めたとあるのですが、この国見山こそ南宮山のことなのです。

2015112205
境内に祀られている桃太郎岩
南宮山(国見山)山上の浅間社から遷したと伝えられている霊岩です。

2015112206
国見山遠景
いつ頃から国見山と呼ばれるようになったかは不明ですが、或いは他国のことで山名など知らなかった織田の将兵たちが、「上様が登って国中を見た山」として国見山と呼んだのを、牛一が書き留めていたものか・・・
はたまた、「国見山という山がある」と聞いたからこそ、信長は「ならばわしも登って国を見てやろう」と思い立ったものか・・・
実際のところは分かりませんが、いろいろと想像をかき立てられて楽しくなります。

さて、それではお城めぐりのスタートです。
まず1城めは・・・

福地氏城
2015112207

柘植の福地氏城です。

柘植の福地御赦免なされ、人質執り固め、其の上、不破彦三を御警固として、当城に入れ置かる。
信長公記 巻十四「伊賀国、三介殿仰せつけらるゝ事」より)

第2次天正伊賀の乱の際、福地氏は織田方に寝返り、伊賀侵攻の手引きをして赦免されました。
しかし、それがために伊賀の国人の恨みを買い、翌年の本能寺の変で信長が横死すると伊賀国人の攻撃を受けて逃亡する憂き目に遭っています。

2015112208
主郭西側の帯曲輪下、切岸に残る石積み

2015112209
主郭と帯曲輪の間の横堀

2015112210
主郭虎口

2015112211
石垣が綺麗に残っていました。

2015112212
主郭
なお、松尾芭蕉はこの福地氏一族の出身と云われていることから、主郭には芭蕉の句碑などもありました。

2015112213
主郭にあった井戸

2015112214
土塁(の上に建っていた何か?)へ上がるための通路か?

2015112215
それを土塁の上から

2015112216
同じく、主郭土塁上から見下ろす帯曲輪

2015112217
城山下(北西)の長方形型の曲輪(居館跡か?)は田圃に・・・

2015112218
しかし曲輪をグルッと取り巻く土塁と横堀は、三方に残っていました。(南西面は消失)

2015112219
まぁ三方のうち、二面は凄いド藪でしたけど…(笑)

2015112220
これでもか!と行く手を阻む倒竹・・・

2015112221
ようやく藪を抜け出してきた場所…写真中央、藪が僅かに暗く開けている箇所から出てきました(笑)

遺構の残存状態もいいし、規模もそれなりに大きくて楽しめるお城でした。


竹島氏城
2015112222

2城めは竹島氏城です。ここでも芭蕉押し(笑)
それもそのはず、竹島氏13代の妻は芭蕉の姉だったのだそうです。

2015112223
石積みらしき痕跡

2015112224
主郭はかなりの広さがありました。

2015112225
主郭を取り巻く土塁

2015112226
参加者の身長と比べても、その高さは歴然です。
サクッと楽しめるお城でした。


柏野城
2015112227

3城めは柏野城
獣害対策のフェンスが物々しい…(^_^;)

2015112228
主郭の土塁と、土塁上に城址碑がありました。

2015112229
城址碑の裏には、天正伊賀の乱に於ける柏野城の顛末が簡単に書かれていました。

2015112230
虎口らしきものが2つ並んでいます。

2015112231
主郭西側の堀切を土塁の上から

2015112232
また、主郭北西下には三方向に伸びる土橋らしき痕跡もありました。

2015112233
主郭北側へ回り込む横堀

2015112234
主郭西側の堀切

単郭方形のシンプルな造りで、典型的な土豪・国人居館といったお城でしたが、堀切や横堀が綺麗に残っていて見応えありました。


中出山城・永井氏城

引き続き、一つの丘陵上に連なる中出山城・永井氏城へ

2015112235
近くの公民館に車を置かせていただき、城山へ向かっていると遠くの方に・・・猿軍団(;´・ω・)
しかも彼ら、我々が向かおうとしている城山を根城にしているのか、山中で幾度となく姿を見かけました。
※こばたかさんは単独行動にはしったため、猿に威嚇されていました(笑)

ますは丘陵先端付近にあるはずの中出山城を目指しますが・・・
2015112236
窯?のような痕跡や・・・

2015112237
石列などが残っていましたが、どことなくお城というよりは神社やお寺のような痕跡にも思え、肝心の目指す中出山城の痕跡が一向に見当たりません・・・。

2015112238
それでも皆であーでもないこーでもないと話し合いながら、ようやく探り当てた主郭虎口

2015112239
虎口から主郭内側の土塁

2015112240
横堀的な?

そのまま永井氏城を目指し、尾根を奥へ進みます。

2015112241
行く手を堀切に遮られましたが、躊躇することなく攻めかかるメンバーたち(笑)

2015112242
堀切の底から

2015112243
永井氏城主郭・・・土塁が高い!

2015112244
中出山城が消化不良だったこともあり、永井氏城もあまり期待はしていなかったのですが、主郭の土塁は見事でした。
いい意味で想定外の規模。

2015112245
主郭虎口

2015112246
中出山城・永井氏城遠景
手前に中出山城、そこから尾根伝いに奥へ永井氏城があります。


百地丹波守城

6城めは百地丹波守城です。
2015112247
百地丹波守城縄張図
伊賀の有力国人・百地丹波守の居城と考えられています。
第2次天正伊賀の乱の際に落城したと伝わりますが、丹波守は他の国人衆と共に名張の柏原城に籠って最後まで抵抗し、そこで戦死したとも、落ち延びたとも云われ、その後の消息は不明です。
近年の研究では百地三太夫とは別人と考えられているそうです。
なお、三太夫の子孫は現在も名張市滝口に住んでおり、屋敷も残っています(三太夫屋敷)。

2015112248
城跡に隣接する青雲寺は百地丹波守の菩提寺
墓地には百地家累代之墓もありました。

2015112249
郭DCの間の横堀

2015112250
主郭(郭C)の南虎口

2015112251

主郭に入ると城址碑が建っていました。

2015112252
主郭
奥に北虎口

2015112253

主郭と郭Bの間の堀切

2015112254
郭A

2015112255

郭Aの土塁には虎口らしき痕跡もありました。

さすがは百地丹波守のお城、一つ一つの遺構も規模があり、見応えのある城跡です。


井上氏城
2015112256

伊賀市中村の辻堂古墳の駐車場に車を停め、次に向かうは井上氏城です。

2015112257
主郭背後、東側に残る薬研状の横堀

2015112258
主郭
北側(写真左)の土塁は二段構成に築かれていました。

たまたま居合わせた地元の方から聞いたのですが、先日(訪城時より)近くに住む井上さんのお宅で法事があり、その際、家の歴史を教えてもらったのだそうです。それによると、その井上さんのご先祖は集落背後のお城を守備していたと伝わっているのだとか・・・。
つまり、城主・井上氏のご子孫ということになりますね・・・今もその土地に息づいている歴史に触れることができました。


丸山城

丸山城は天正6年(1578)、伊賀侵攻を目論む織田信雄が、その橋頭保として家臣の滝川雄利に築城(古城の修築)を命じたお城です。

2015112259
南側の麓から神社の参道跡のような遊歩道をしばらく登っていくと・・・

2015112260
割とあっさり本丸に出ました。天守台も見えます。

ところで、滝川雄利による丸山城修築開始を知った伊賀の国人たちは驚き、丸山の西隣にある天童山に物見を出します。
この時、物見が目にした丸山城の様子が伊賀旧考に残っているのですが、それには天守台について;
三層の殿主あり天守台六間四方台の高さ三間四方石垣なり
と書かれています。

2015112261
丸山城天守台
六間(約11m)四方台の高さ三間四方(約5.5m)
高さは足りない気もしますが、幅はほぼその通りのサイズに思えます。
ここに三層の天守が乗り、天守台は四方を石垣で固められていたのですね。

2015112262
微かに石垣らしき痕跡もありました。

2015112263
天守台上に建つ城址碑

2015112264
この城址碑の土台に使われている石、もしかしたら天守台から崩れた石材かも・・・などと話しながらめぐりました。

2015112265
天守台脇には天正伊賀の乱に於ける両軍戦死者を供養する宝篋印塔が建てられていました。
焼災神社佛閣 伊陽郷士一族郎党
為天正兵乱伊陽全域犠牲者各霊追善菩提也
殉難社司僧尼 織田方将士横死者

と刻まれています。

2015112266
本丸東側の斜面に残る二重の土塁と横堀

2015112267
本丸から尾根伝いに西へ進み、途中竪堀(写真)などを見ながら・・・

2015112268
最後は西の先端から細い山道を下って行きました。
…ん?この山道・・・

2015112269
ずーっとクネクネ九十九折れになっている・・・!?

2015112270
麓より二の丸へ越登道九折にして六十九間(伊賀旧考)

伊賀旧考に書かれていたのは、この道のことだったのですね!
六十九間とは約125m。麓まで大体そのくらいだったように思います。こうして古文献と、訪れた地の遺構が重なる瞬間は本当に興奮を覚えます。

※ところで伊賀旧考の記述は、天守台の大きさや登城道のことなど、明らかに隣の山から眺めているだけでは測れないお城内部の詳細にまで及んでいます。
きっと国人衆の斥候は築城人足に扮して紛れ込んでいたのでしょう…さすが忍者!

丸山城の様子を探った伊賀衆は、城の完成前に攻撃することを決め、滝川雄利らを追い出します。
この事件が翌天正7年の第1次天正伊賀の乱へと繋がっていくのですが・・・結果は周知の通り(^_^;)


滝川氏城・桜町中将城

伊賀の城めぐり、ラストは名張市下小波田の滝川氏城・桜町中将城です。

2015112271
まずは滝川氏城から
滝川氏城は、第2次天正伊賀の乱に於ける伊賀国人衆最後の砦・柏原城攻めのための拠点として、滝川雄利によって築かれました。柏原城の北に位置します。

そして柏原城が降服開城し、伊賀平定を終えた後・・・

十月十一日、雨降り、御逗留。
十月十二日、三介信雄御陣所、筒井順慶、惟住五郎左衛門陣所、奥郡、小波多と申す所まで、御家老衆十人ぱかり召し列れられ、御見舞。さて、塞ゝ、御要害仕るべきの在所仰せ付けらる。

(信長公記 巻十四「伊賀国へ信長御発向の事」より)

伊賀視察のため10月10日に伊賀一宮へ到着した織田信長は、翌11日は雨だったのでそのまま留まり、明けた12日に小波多まで足を運んで御見舞=将兵を労っています。

2015112272
小波多とは名張市の小波田のことで、この時に信長が訪れた場所こそこの滝川氏城だったと考えられます。

2015112273
今ではグラウンドになっていて往時の雰囲気を感じ取るのは難しいですが、広大な敷地を取り囲む土塁は見事です。

2015112274
主郭外側の土塁と横堀

2015112275
馬出は畑に・・・

2015112276
引き続き桜町中将城
桜町中将とは織田信雄のこと、即ち彼の滞在拠点として築かれたお城になります。

2015112277
主郭周辺は全く太陽の光が届かず、日中でも驚くほどの暗さでしたが・・・

2015112278
方形型の主郭を取り巻く二重の土塁と横堀は本当に綺麗な造形で、それは見事の一言に尽きます。

2015112279
横堀の中から

2015112280
土塁上から横堀を見下ろす。

2015112281
同じく主郭側を・・・

2015112282
主郭

ここで日没時間も迫り、城友会初日・伊賀のお城めぐりはこれにて終了です。
この日1日でめぐったお城の数、なんと10城!…さすがに疲れました。

2015112283
最後は滝川氏城・桜町中将城近くにあった喫茶店で休憩。

2015112284
車を停めていた滝川氏城からの眺め

夜は宿のある上野市駅前で居酒屋での1~2次会を経て、城友会恒例のカラオケへ。
結局午前1時過ぎまで遊び歩き、もうフラフラ・・・(^_^;)


第2次天正伊賀の乱信長公記の記述について
第2次天正伊賀の乱に関する信長公記の記述(「伊賀国、三介殿に仰せつけらるゝ事」)を元に、そこに出てくる地名や城を地図で追っていくと、織田信雄を含む織田軍主力部隊は柘植の辺りから大和街道伝いに侵攻したように読み取れます。
しかしこれだと、伊乱記などを元にした「信雄は伊勢地口から侵攻した」という通説とは明らかに異なりますし、伊賀平定戦を通して重要な舞台に位置付けられる平楽寺や比自山城、伊賀衆最後の抗戦の舞台となった柏原城などが出てきません。
信長公記の中には伊賀攻めとは全く関係のない記述(小姓衆への知行配分、諸職人への褒美のことなど)が随所に挟み込まれています。これらは主に信長の身辺での事象、或いはそこで得た情報と思われます。
つまり、牛一も信長の近くに仕えていたため、従来の彼の手記は信長の身辺でのことが中心だったものを、信長公記編纂の過程で伊賀攻めの経過を人伝に聞き(この伝聞情報が正確さに欠けたか)、後から時系列に沿って挿入したためと推察します。

|

« 千草越え | トップページ | 城友会2015…②甲賀 »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千草越え | トップページ | 城友会2015…②甲賀 »