« 東禅寺、泉岳寺、高輪大木戸跡、etc... | トップページ | 峰上城 »

2016年2月11日 (木)

造海城 (竹ヶ岡砲台)

2月7日(日)は内房の富津市周辺のお城をめぐるオフ会。
朝8時に川崎駅で集合し、東京湾アクアライン経由で房総半島へ。まず最初に向かったのは、富津市竹岡の造海城です。
造海は「つくろうみ」と読み、戦国期に真里谷武田氏×里見氏間での紆余曲折を経て里見氏の水軍拠点となった城。
※ご紹介できる図面もないので、各遺構の位置関係が分かりづらくなっていますが、何卒ご了承ください。

20160207a01

城山(字名も城山)南側から、ご覧のような見事な岩盤切通しトンネルを抜けた先にある・・・

20160207a02
灯篭坂大師からアプローチします。
ちなみに灯篭坂大師の縁起ですが、弘法大師空海がこの地を通った際、岩盤に自らの自画像を彫りました。里人はこの大師像に常夜灯を灯して海上安全・大漁を祈願し、やがて海で漁をする舟は大師像の灯明を灯台とするようになり、誰からともなく「灯篭坂大師」と呼ぶようになったと伝わっているそうです。
・・・それにしても、このトンネルは凄かったなぁ~

城山麓から灯篭坂大師の参道を経由し、尾根上までは5~10分程度で辿り着けます。
そこから主だった城域のある北側へ向かい、尾根道をしばらく進みます。

20160207a03
城域に到達したら左へ折れて細い尾根筋を渡り、まずは南西側の曲輪群を見にいきます。
それにしてもこの細尾根、すぐ脇は切り立った絶壁・・・目の前を行く高所恐怖症がよく渡ったものだ…(;^ω^)

20160207a04
岩盤を切り出して築かれた切岸や土塁?のある曲輪に出ました。

20160207a05
更に進むとかなり大きな曲輪跡に出て、そこでは虎口も見受けられました。

20160207a06
先ほどの虎口のある広い曲輪の一段下の曲輪には、尾根を掘り切った巨大な虎口も・・・。
そして、この曲輪の下には・・・

20160207a07
もう一つ広い曲輪跡が広がります。
ここには砲台が築かれていたとか・・・。

20160207a08
下りてみると、曲輪を囲む土塁を等間隔で切り落とした砲座がありました。この隙間に大砲を、海に向けて据えていたものと思われます。
砲座の間隔が狭く、近代のあまり大きな砲を据えることはできそうにないことや、東京湾に向けられている立地などから、恐らく幕末頃のものだろうとアタリはつけていましたが・・・

どうやらこれは、幕末期に築かれた竹ヶ岡砲台と呼ばれるもののようです。
ペリー来航以来、幕府は東京湾の海防強化を急ぎ、諸大名を動員して各地に砲台を築きます。
この時期に築かれたものとしては品川台場が有名ですが、三浦半島の東海岸や房総半島にも多くの台場が築かれました。
富津~竹岡辺り一帯の内房は、会津藩が担当していた時期もあったようです。

20160207a09
竹ヶ岡砲台古絵図①
此地古城跡也」とあるのがまさしく造海城のことですね。会津藩が担当していたことも明記されています。
この絵図では麓の、石垣で築かれた砲台だけしか見えませんが・・・

20160207a10
竹ヶ岡砲台古絵図②
こちらには我々が立つ、城山中腹に築かれた砲台もしっかりと描かれています。
更にこの絵図では、麓の向かって左側にも砲台が築かれていた様子が分かります。その奥に鳥居が見えていますが、これはおそらく城山北側の十二天神社でしょう。
(十二天神社の砲台については、記事最後に追記あり)
それぞれの砲台に凹凸に描かれているものこそ、先ほどご紹介した砲座です。

20160207a11
このように古絵図と見比べると、こうした砲座が何故築かれたのか、よりイメージしやすくなりますね。

20160528a01
思わぬところで幕末の、それも会津藩に関係した遺構と出会えて興奮しました。

さて城跡探索を続けます。
砲台跡のある曲輪が城域のほぼ南西端にあたりますので、ここから北東方向へ進んで行きます。

20160207a13
井戸跡(ロープで囲われた部分)

20160207a14
やはり岩盤を切り崩し、長方形に築かれた不思議な空間・・・枡形虎口のようにも見えました。

20160207a15
何だか凄いものが見えてきました…Σ(・ω・ノ)ノ!

20160207a16
見事なまでに垂直に切り通された岩盤・・・!

20160207a17
その足元には石積みも。

20160207a18
最初は造海城の堀切かとも思ったのですが、それにしては幅が狭すぎるし・・・

20160207a19
切通の側面にはホゾ穴らしき痕跡もありましたが・・・

20160207a20
底部には石段も付けられており、やはりこれは通路のための切通ではないかと・・・。
それもお城の、というよりは寺社などの雰囲気が漂っているような・・・思い返せば灯篭坂大師の切通トンネルとも、同じニオイを感じます。

20160207a21
これまた岩盤を切り出した横堀・・・これは見事!

20160207a22
反対側から・・・何から何まで岩盤だらけで、もはや「土の城」という印象はありません。

20160207a23
こちらは「水堀」と紹介されることもあるようですが・・・むしろ溜池的なものでしょう。

20160207a24
またまた凄い切通に出くわしました。

20160207a25
こちらの切通の脇にも、溜池のような痕跡がありました。

20160207a26
切通は勿論、人が通るためのものですが、人の流れと共に上から水も流して落としていたのかなぁ・・・?
そして雰囲気からして、やはり寺社関係の痕跡に思えて仕方ない。

20160207a27
この階段なんか、いかにも神社やお寺にありそうですよね?
やはり城跡の北東側は後世、なんらかの宗教施設が入って改変されているのではないかと。

20160207a28
こんな不思議なものもありました。
misaさんが覗き込んでいる位置には・・・

20160207a29
丸い穴が開いていて、下の空洞と繋がっています。
釜戸の煙抜きにも見えますが、或いは狼煙を上げるためのものかもしれません。

20160207a30
またまた謎の四角い空間が・・・

20160207a31
しかも面白い石の積み方をしています。

20160207a32
こちらは岩盤を人為的に削り込んでいますし、竪堀で間違いないでしょう。

20160207a33
竪堀の天辺部は石積みで補強されていました。

20160207a34
最後に引き返しがてら、張ってあった虎ロープを伝って崖をよじ登り、主郭と思しき曲輪へ上がるも・・・ド藪(笑)
この藪を突き抜けて、車を停めた灯篭坂大師方面へ引き上げましたとさww

20160207a35
主郭からの東京湾

造海城…北東側は後世の改変もありそうで、個人的にはお城のイメージを掴みづらかったのですが、切通自体も見物でしたし、何と言っても竹ヶ岡砲台が素晴らしかった!

次は峰上城へ向かいます。


※2016年5月29日追記
2016年5月28日、造海城を再訪する機会に恵まれましたので、城山北麓の台場を確認してきました。

20160528a02
十二天神社
前出の古絵図②にも、城山の左下に鳥居が小さく描かれている部分です。

20160528a03
その鳥居の先、海の方向に目を向けると・・・もう見えていますね。

20160528a04
こちらにもしっかり砲座の凸凹が残っていました。

20160528a05
草で覆われていますが、形状はハッキリ確認できます。

20160528a06
海側から見た砲台跡
いいものを見れました♪

|

« 東禅寺、泉岳寺、高輪大木戸跡、etc... | トップページ | 峰上城 »

お城、史跡巡り 関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東禅寺、泉岳寺、高輪大木戸跡、etc... | トップページ | 峰上城 »