« 大光寺旧総門の弾痕 | トップページ | 臨済寺の特別公開…今川氏オフ① »

2016年10月12日 (水)

新田荘遺跡めぐり (群馬県太田市)

新田荘とは上野国新田郡(群馬県太田市)を中心とする地域に存在した荘園。源義重を祖とする新田氏が治めていました。有名な新田義貞は、義重から八代目に当たります。
新田荘遺跡は、この旧荘園域内に点在する11の遺跡をまとめて一つの国史跡として登録されたものです。

20161010b01
まずは世良田東照宮
徳川三代将軍家光によって日光東照宮の社殿が全面的に改築され、現在に誇る偉容を完成させると、日光山輪王寺と世良田の長楽寺住職を兼ねていた天海僧正は、日光東照宮の旧奥社拝殿などを長楽寺境内に移築し、東照宮を勧請しました。
これが世良田東照宮の始まりで、長楽寺はその別当寺となっています。
写真は東照宮創建時からある御黒門で、江戸期には平常閉ざされ、一般参拝者はこの門前からお参りしていたと云います。

20161010b02
御黒門を潜った先には上番所。
上下2つの番所が設置されていたようです。

20161010b03
世良田東照宮拝殿
日光東照宮奥社の旧拝殿を移築したものです。

20161010b04
鉄燈籠
元和4年(1618)に秋元越中守長朝によって作られ、明暦4年(1658)に当宮へ奉納されています。
当時としては高さ日本一の鉄燈籠であったとか。

20161010b05
手前からそれぞれ;
・宝暦13年(1763)前橋藩 松平朝矩
・寛政 8年(1796)川越藩 松平直恒
・天保15年(1844) 忍藩 松平忠国
によって奉納された石燈籠。

20161010b06
東照宮の隣りには長楽寺
開基は源(新田)義重の子で、徳川(得川)姓を称す義季。故に世良田は「徳川氏発祥の地」とされています。

20161010b07
太鼓門

20161010b08
太鼓門の奥には新田義貞や一族・従臣の供養塔・・・

20161010b09
そして開山堂の裏には、新田家累代墓もありました。

20161010b10
これ以上は近づけませんでしたが・・・

20161010b11
そのまま奥へ抜けていくと、新田家累代墓の裏には横堀や土橋らしき痕跡があり・・・

20161010b12
更に進んだ先の芝生広場にも・・・何でしょうね?

20161010b13
伝新田義貞倚像(木像)を安置する総持寺
新田館跡
に建つお寺で「館の坊」とも呼ばれてきました。
新田館は果たして誰の居館であったのか・・・新田義重や新田義貞など、諸説あるようです。
今でも一部、堀跡が残っているそうですが、私は事前に調べていなかったので確認しておりません。

20161010b14
あわよくば新田義貞の木像を・・・と訪れてみましたが、法要の最中だった模様で静かに退散致しました。
まぁ、どのみち無理だったでしょうね…(;´∀`)

20161010b15
新田荘歴史資料館前に建つ新田義貞銅像
勿論、資料館にも立ち寄りました。

※以上の世良田東照宮・長楽寺・総持寺・新田荘歴史資料館は全て太田市世良田町に所在。

20161010b16
車で少し移動し、こちらは太田市新田反町町に残る反町館跡
その南面の土塁…郭内側から。

20161010b17
同じく南面の土塁を外側から。居館を囲む水堀も残ります。

20161010b18
東面の水堀。かなりの幅がありますが、これは道路改修の際に拡張されたようです。
途中で大きく屈折させてあります。

20161010b19
反町館にも新田義貞居館説があるようで、ご覧のような
新田義貞公古城跡
の石碑が建っていました。

20161010b20
西面の堀は蓮に埋もれ・・・

20161010b21
反町館跡は現在、照明寺の境内になっています。

20161010b22
本堂脇を抜け、北面の堀も確認。

中世関東武士居館の典型のような遺構を明瞭に見てとれて、なかなか楽しめました。

20161010b23
この日最後は、太田市新田上江田町の江田館跡

20161010b24
南面の横堀。手前は土橋。

20161010b25
郭内から見る土橋。

20161010b26
横堀に囲まれた居館跡はかなりの広さがあります。

江田館は新田義重の子・(徳川)義季四世の子孫、江田行義の館跡と伝えられています。
行義は新田義貞の鎌倉討伐にも従軍して、武功を挙げています。
その後、戦国期には太田金山城の出城として改修されていましたが、北条氏が進出してくると、江田館は逆に北条氏の金山城攻めの拠点となり、北条氏邦が滞在したこともあったようです。
天正18年(1590)北条氏が滅亡すると、江田館もその役目を終えて廃城となりました。

20161010b27
東面の堀と土塁。
屈折がなかなか見事です。

20161010b28
一瞬、土橋?畝??とも思いましたが、単なる土塁の崩落かもしれません。

20161010b29
南西角から西面の堀と土塁。

20161010b30
こちら側の折も見事です。

20161010b31
居館西側の堀の外にはもう1つ、薄い土塁に囲まれた平坦地がありました。
現地案内板の復元イラストでは馬場のように描いていましたが、或いは二ノ丸的なものかもしれません。

20161010b32
その最外郭の城塁。

江田館は当初ノーマークで、先に立ち寄った新田荘歴史資料館でたまたまその存在を知ったのですが、なかなかどうして、遺構も明瞭で状態の良い遺跡でした。

今回は下調べ不足で、帰りの渋滞も怖かったので早々に切り上げましたが、江田館跡周辺の宅地にも堀や土塁の痕跡が点在しているとの情報も・・・いずれ機会があれば、改めて訪れてみたいと思わせるものがありました。
まだまだ奥が深そうですね・・・新田荘。

|

« 大光寺旧総門の弾痕 | トップページ | 臨済寺の特別公開…今川氏オフ① »

お城、史跡巡り 関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大光寺旧総門の弾痕 | トップページ | 臨済寺の特別公開…今川氏オフ① »