« 金ヶ崎城、手筒山砦、敦賀城…城友会2016③ | トップページ | 小浜城、田辺城、他…城友会2016⑤ »

2016年11月26日 (土)

国吉城…城友会2016④

城友会2016、2日目。
7時に起きて~(本当は5時起き)8時出発で~~♪

・・・という訳で8時に宿を出発(笑)、関峠を越えて若狭国へ。
向かった先は・・・

20161120a01
国吉城です。

■国吉城図
20161120a02
前年の金ヶ崎の退き口オフの際にも勿論立ち寄りましたが、あの時は城山には登らなかったので、今回が初登城になります。

20161120a03
麓の居館跡を抜けて登城口へ。

20161120a04
麓から山上の本丸までは、およそ500m。
しかし・・・

20161120a05
その道のりは急勾配の連続で、結構ハードです…(^_^;)

20161120a06
九十九折れの登山道で息を切らせ、やっとの思いで辿り着いた出丸跡

20161120a07
土塁が綺麗に残っていました。
先端付近には虎口も。

20161120a08
虎口を抜けた先にも、削平地が広がっていました。
上の図を見てもお分かりの通り、この出丸の先端にも麓からの道が付いています。
虎口の位置からして、当時もお城へのルートの一つだったのでしょう。

20161120a09
出丸跡から主要部へは、ほぼ直登の急斜面。
よく整備されてはいますが歩幅が合わず、これが結構歩きづらい…(^_^;)

20161120a10
点々と残る石積みを眺めつつ、尾根上に登ると・・・

20161120a11
本丸下の堀切に出ます。
当時は橋が架けられていたのか、両サイドは石積みで固められていました。

20161120a12
この周辺からみつかったものなのか、堀切には石仏がいくつかまとめて置かれていました。
転用石として用いられていたのでしょうか。

20161120a13
堀切越しに見る本丸跡の切岸…凄い高低差です。

20161120a14
まずは北西側の段郭群へ向かいます。

20161120a15
・・・ちょいと振り返ると、石垣を見るため、大騒ぎしながら斜面を下ってる人が(≧艸≦)

20161120a16
(上から数えて)一段目より、二段目の郭を見下ろす。
ここでは左側に道が付いており、中央付近で窪んでいるのが二段目郭の虎口だと思われます。

20161120a17
二段目に降り、その虎口から一段目の切岸を見る。
この切岸、かなりの切り落としっぷりで、ロープがなければとても下りられそうにありませんでした。

20161120a18
三段目。
これまた結構な虎口が見えています。
二段目の虎口は左(南)に設けられ、三段目は右(北)…経路を左右に折って直進させない、セオリーに適ったもの。

20161120a19
しかも三段目の虎口は直角に折ってあり、枡形の形状が明瞭でした。

20161120a20
虎口を抜けた先に、四段目の削平地も見えています。
図によると更に五段目もあるようですが、私はここで引き返しました。

堀切まで戻り、本丸跡へ登ると・・・
20161120a22
ミニチュアの天守台石垣?!がお出迎えしてくれました。
よく出来ているなぁ~

20161120a23
本丸虎口
両サイドには石垣跡

20161120a24
この倒れている石は鏡石だったのではないか、と考えられているそうです。

20161120a25
本丸跡

20161120a26

本丸跡に建つ小さな石碑

20161120a27
そして、私が国吉城で一番楽しみにしていたもの・・・それは本丸からの、この光景です。

元亀元年(1570)、越前朝倉攻めに向かう織田信長はその道中、国吉城にも滞在しています。
そこで国吉城の立地や、城主・粟屋勝久が永禄年間に朝倉勢の侵攻を食い止め、籠城を続けてきた武勇を称えた上で、

向の河辺より城下へ真直に道を付、町を作り、在々の侍共を少々城下に置からば、万事の自由然るべし。
(国吉籠城記)

という言葉を残しています。(参考記事
向の河とは現在の耳川(写真奥を横切る)のことと思われますし、城下には丹後街道(国道の左をほぼ並行する細い道)が走っています。
信長の言葉は、まさにこの光景を見ながら発せられたものでしょう。実際に己の目で確かめて・・・鳥肌がたちました。
※結果的に丹後街道が城下に通され、町が整備されたのは天正年間の木村氏時代になってからのようです。

20161120a28
国吉城下を通る丹後街道。

20161120a29
耳川

20161120a30
本丸跡から北へ目を転じると、若狭湾がすぐ近くまで迫ります。
右に見える尾根続きの小山には出城(岩出山砦)があったようで、更にその周囲には、朝倉軍の付城跡がいくつも残っているのだとか・・・永禄期の籠城戦の規模を物語るかのようです。

20161120a31
本丸跡に残るあちらの土塁の先を下ると・・・

20161120a32
ここにも堀切が残ります。
史跡指定されている範囲はこの堀切までで、上の図に描かれているのもここまでですが・・・

20161120a33
更に先にも堀切らしき痕跡が2本見えました。
ここは元々古墳だったそうですが、本丸防衛のため、尾根を分断する連続堀切を設けていた可能性もなくはないかな、と思います。

国吉城、なかなか見応えのある、いいお城でした。

※下山途中、パーンという音と共に大きな岩が落ちてくるというハプニングがありました。
幸い、すんでのところで事無きを得ましたが、山には危険がたくさん潜んでいることを改めて思い知らされました。

|

« 金ヶ崎城、手筒山砦、敦賀城…城友会2016③ | トップページ | 小浜城、田辺城、他…城友会2016⑤ »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金ヶ崎城、手筒山砦、敦賀城…城友会2016③ | トップページ | 小浜城、田辺城、他…城友会2016⑤ »