« 旧東海道(松並木)と田中城 | トップページ | お城EXPO 2016 (12/24) »

2016年12月23日 (金)

織田信長の凱旋旅

天正10年(1582)3月、甲斐武田家征伐を終えた織田信長は、翌4月には甲府を発って駿河へ向かい、東海道を西へ安土までの凱旋の途に就きます。
その道中は天下の名峰・富士山遊覧に始まり、各地の名所を尋ね歩きながらのゆったりとしたものであったことが、「信長公記」巻十五、「信長公甲州より御帰陣の事」に詳しく綴られています。

本記事ではその「信長公記」に則りながら、日付毎に信長の凱旋旅を追っていきたいと思います。


■天正10年(以下同)4月10日
・甲府を発って笛吹川を越え、この日は右左口(うば口)に宿陣。

1582041001
国道358号の右左口交差点(甲府市)
ここから南西4~500m程に、右左口の集落があります。

武田家征伐の功により、駿河国は(一部を除いて)徳川家康に与えられます。
従って駿河以降、遠江~三河と領国内に信長を迎えることになった家康は、その歓待に心を砕きます。
道を広々と整備し、石を除いて水を撒き、道の左右には隙間なく警護の兵を配置しました。また、各所に休憩のための御茶屋や、二重三重に塀を廻らせた宿泊用の御殿(御陣屋御屋形)を設け、御殿の四方には随行する諸卒のための小屋も千軒以上築くという念の入れようであったとか。


4月11日
・払暁に右左口を出発。
この日の行程は峠越えとなりますが、ここでも家康は鬱蒼と茂る左右の大木を伐り伏せて道を開き、警護の兵を並べていました。

・峠に用意された御茶屋で休憩。
・本栖に宿陣。

1582041101
本栖湖


4月12日
・未明に本栖を出発。
富士山御覧じ、人穴も見物。

1582041201
信長が御覧じた場所とはちょっと違うけど・・・御殿場からの富士山。

1582041202
人穴浅間神社(富士宮市)

1582041203
信長が見物した人穴

人穴にも御茶屋が建てられていました。
そこへ富士山本宮浅間大社の神官らが、この先の道筋の清掃を手配しつつ挨拶に訪れます。

昔、頼朝かりくらの屋形立てられし、かみ井手の丸山あり。西の山に白糸の滝名所あり。此の表くはしく御尋ねなされ、

人穴の近くには昔、源頼朝が富士の巻狩りを挙行した折に館を建てたと云う上井出の丸山があり、その西の山には白糸の滝があります。
信長は神官らに対し、この辺りのことを詳しく尋ねています。

1582041204
上井出(かみ井出)交差点(富士宮市)

頼朝の富士の巻狩りといえば、日本三大仇討ちにも数えられる曽我兄弟の仇討ちが有名です。
それを証明するかのように、上井出交差点近くには・・・

1582041205
曽我の隠れ岩や、

1582041206
兄弟に討たれた工藤祐経のお墓があります。

1582041207
また、白糸の滝のすぐ脇の崖上には、頼朝がこの水面に自らを映して鬢のほつれを直したとの言い伝えが残るお鬢水。

この辺りは天正の頃にも既に、頼朝の旧跡として認識されていたことが分かるエピソードで興味深いです。

1582041208
白糸の滝

1582041209

太田牛一も「名所」と記すだけあって、幾筋もの滝が横にずらっと並ぶ姿は壮観で見応えがありました。

1582041210
こちらは音止めの滝。

・この日は富士山本宮浅間大社(大宮)に宿陣。

1582041211
富士山本宮浅間大社

この時、浅間大社は北条の手勢によって諸伽藍悉くを焼失していましたが、家康は一夜の御陣宿たりといへども手を抜くことなく、同地に金銀を鏤めた見事な御殿を用意していました。

1582041212
また、浅間大社近くには、信長が腰を掛けて富士山を眺めたと云う富士見石もあります。
(富士宮市立中央図書館前)


4月13日
・払暁に浅間大社を出発。
・浮島ヶ原から愛鷹山(足高山)を左に見て富士川を渡り、蒲原(神原)に用意された御茶屋で休憩。
ここで少し馬を使い、土地の者から吹上の松、六本松、和歌の宮、伊豆浦、妻良ヶ崎のことなどを聞き、興国寺・吉原・三枚橋・鐘突免・天神川・深沢の各城についても尋ねました。

・蒲原の浜辺から由井では磯辺の波に袖を濡らし、清見関、興津の白波、田子の浦、三保ヶ崎、三保の松原、羽衣の松・・・天下も治まって長閑な中、各地の名所をゆったりと見物して進みます。

1582041301
信長も袖を濡らした?…由比の磯辺(PAより)

1582041302
この時は波打ち際の道を通って峠は越えていないかもしれませんが・・・薩た峠からの富士山。

1582041303
清見寺

1582041304
清見寺に転用されている清見関の血天井

1582041305
三保の松原

1582041306
羽衣の松

・江尻の南の山を越えて久能城を訪ね、この日は江尻城泊。

1582041307
久能山東照宮

20170415b07
江尻城本丸跡


4月14日
・夜の内に江尻を出発。
・駿府の町口に設けられた御茶屋で休息。
ここで今川氏の旧跡や千本桜のことを詳しく尋ね、安倍川を越えました。

20170101
安倍川

山中路次通り
まりこの川端に山城を拵へ、ふせぎの城あり。


この山城とは、丸子川の川端という立地からしても丸子城を指していると思われますが、表現からしてこの時の通行路が山中を通って丸子城を経由するルートだったと推測できます。

1582041401
丸子城の三日月堀と長大竪堀

1582041401b
山中を通り、丸子城を経由する旧道らしき痕跡。

※但し、「信長公記」のまりこの川端にという表現からは、文字通り丸子川の畔から城を見ている印象も受け、若干の違和感も覚えます。
丸子川沿いを走る近世東海道は確かに麓を通りますが、安倍川を越えて丸子に近づくにつれ、前方や左右には山並みが迫ってくるようになります。今でこそ開発されて雰囲気も変わってしまっていますが、当時の景観を想像すると、この山並みが近づいてくる景色山中路次と表現したのかもしれない、とも思い直しています…これもちょっと無理がありますが。
或いは木枯森~牧ヶ谷を経由して歓昌院坂を南下してくる古道は、丸子城とは尾根違いなので直接は経由せず、丸子の集落(麓)へ下って旧東海道に合流するようなので、仮にの道(路次)を通ったとすると、こちらのルートだったかもしれません。
2017年1月追記

※2017年1月14日、実際に牧ヶ谷~歓昌院坂峠までのルートを歩いてみましたが、とても細くて険しい山道で、わざわざ家康が信長を案内するには、あまりに心許ないと感じました。
やはり現状では、素直に旧東海道を通ってきたと考えるのが妥当なのかもしれません。

1582041402
山麓を通る近世東海道、丸子宿。

名にしおふ宇津の山辺の坂口に、御屋形を立て、一献進上侯なり。字津の屋の坂をのぼりにこさせられ、

宇津ノ谷峠には蔦の細道と呼ばれる古代~中世までの道とされるものと、天正18年に豊臣秀吉が小田原征伐のために開いたのが始まり(後に家康が整備)とされる旧東海道が通っています。
(明治以降に設けられた道を除く)

20170102
こちらは道の駅脇にある、蔦の細道の登り口(静岡口)
旧東海道が天正18年以降の道ということであれば、この時、信長一行が通ったのは蔦の細道ということにもなり・・・

20170103
家康が信長のために用意した御屋形があったと云う宇津の山辺の坂口とは、道の駅付近ということにもなりそうですが・・・。

20170104
蔦の細道の宇津ノ谷峠

20170105
蔦の細道(岡部口)

20170106
変わってこちらは旧東海道
蔦の細道とはうって変わって道幅も広く、旧街道の姿をしっかりと留めています。

20170107
旧東海道の宇津ノ谷峠

20170108
旧東海道の静岡側麓に佇む宇津ノ谷の集落

仮に信長一行が通ったのが旧東海道のルートだった場合は、宇津の山辺の坂口はこの宇津ノ谷の集落を指すことになりそうです。

果たして信長はどちらの道を通ったのか・・・
これに関してはコチラの記事で触れていますので、合わせてご参照ください。

藤枝の宿入り口に、誠に卒渡したる偽之橋とて、名所あり。

1582041403

偽之橋が架けられていたという、藤枝市「本町」交差点。

1582041404
この時はお店が開いていたので確認できませんでしたが、実は交差点近くのとある商店のシャッターには偽之橋の絵が描かれていたりします。

かい道より左、田中の城より東山の尾崎、浜手へつきて、花沢の古城あり。是れは、昔、小原肥前守楯籠り候ひし時、武田信玄、此の城へ取り懸け、攻め損じ、人余多うたせ、勝利を失ひし所の城なり。同じく山崎に、とう目の虚空蔵まします。

1582041405

東海道が朝比奈川を渡る地点に架けられた横内橋。

この橋から、かい道より左を見ると・・・
1582041406
花沢城の城山(左手前、尾根先端付近)や、遠くには虚空蔵山(奥の尾根先端部)を望むこともできます。
とう目とは当目で、虚空蔵山がある辺りの焼津市の地名です。その山頂には当目山香集寺があり、虚空蔵菩薩を祀っています。
正確な地点を知る術はもはやありませんが、織田信長も同様の光景を眺めていることは確かです。

・この日は田中城泊。

1582041407
田中城本丸跡

ここでちょっと、「信長公記」の記述に違和感が・・・。
本記事はあくまで「信長公記」の記載順にご紹介しているのですが、偽之橋は東から西へ向かうと、田中城を少し通り越した場所に位置しています。
無論、街道の左手に花沢城跡や虚空蔵山が見えたであろう地点も、遥かに通り過ぎているはず・・・或いは翌日、田中城を出発してすぐ藤枝宿を通過する際に見たものと、記憶を混同させているのかもしれません。


4月15日
・未明に田中城を出発。
・藤枝宿を越え、瀬戸川の川端に建てられた御茶屋で休息。
・瀬戸川を渡って島田を経由し、大井川を越える。

瀬戸川こさせられ、せ戸の染飯とて、皆道に人の知る所あり。

1582041501

今も売られている瀬戸の染飯

真木のゝ城右に見て、諏訪の原を下り、きく川を御通りありて、

真木のゝ城とは牧野城、即ち諏訪原城のこと。

1582041502
真木のゝ城右に見て、

1582041503
諏訪の原を下り、きく川を御通りありて、

間違いなく太田牛一は、これら旧東海道からの光景を描写しています。

1582041504
諏訪原城を通過して旧東海道を下っていくと、その先には確かに菊川(きく川)が流れています。
430年以上前の描写が、現代の地理・地形とも一致して感動すら覚えます。

・菊川を渡り、坂を登って小夜ノ中山の御茶屋で休憩。
・日坂を越え、この日は掛川に宿陣。

1582041505
掛川城


4月16日
・払暁に掛川を出発。

みつけの国府の上、鎌田ケ原、みかの坂に、御屋形立て置き、一献進上なり。爰より、まむし塚、高天神、小山、手に取るばかり御覧じ送り、

20170109
太田川を渡る三ヶ野(みかの)橋

20170110
旧東海道松並木と、奥に三ヶ野坂

20170111
三ヶ野坂上に建つ大日堂
旧東海道沿いで坂を登った台地の縁、高天神などがある東方への眺望も開けていますので、御屋形立て置かれていたのもこの辺りではないかと思われます。(鎌田はここより少し南)
但し・・・

20170112
距離的に高天神城や馬伏塚(まむし塚)砦、ましてや小山城が手に取るように見えたとは、とても思えないのですが・・・(^_^;)

1582041601
高天神城

1582041602
小山城

また、みつけの国府の上ともありますが、見付は三ヶ野から更に西へ行った先で、国府もそちらにあったものと考えられています・・・なぜ牛一は、三ヶ野の前にこのフレーズを挿し込んだのでしょうか…?
後年「信長公記」を編纂する際、国府や見付が三ヶ野坂の下にあったと記憶違いしたのでしょうかね。

20170113
見付の遠江国分寺跡
国府もこの付近にあったと推定されています。

20170114
それを示すように、周辺の地名は「国府台」

池田の宿より天龍川へ着かせられ、爰に舟橋懸け置かれ、(中略)此の天龍は、甲州・信州の大河集まりて、流れ出でたる大河、漲下り、滝鳴りて、川の面寒しく、渺ゝとして、誠に輙く舟橋懸かるべき所に非ず。上古よりの初めなり。

20170115
天竜川、池田の渡し碑

20170116
池田の渡し跡
家康は信長一行の通行のため、ここになんと舟橋を架け渡していました。
天竜川は甲斐・信濃の川が集まる大河で、本来であればとても舟橋など架けられるような川ではありませんでした。太田牛一も、上古よりの初めなり。といって驚いています。

天竜川に架け渡された舟橋によほど感動したのか、牛一はここで改めて;
遠国まで道を作らせ、
川には舟橋を渡し、
道端には警固を申し付け、
泊まる先々の御殿や、道々の御茶屋・厩の見事な普請、
諸国の珍奇を集めた御膳の用意、
諸卒の賄いや1500軒ずつの小屋の準備、、、
これら家康の心尽くしのもてなしを並べ立て、その苦労に思いを馳せて称賛の言葉を述べています。
信長公の御感悦、申すに及ばず。
とも・・・。

20170117
天竜川

・天竜川の舟橋を渡り、この日は浜松に宿陣。

1582041603
浜松城

浜松で小姓・馬廻衆には暇を出して先に帰らせ、弓・鉄砲衆のみを残しました。
また、黄金50枚で用意させた兵糧8000俵余りを、もはや不要として家康やその家臣らに分け与えています。
きっと、道中のもてなしに報いる心づもりもあったのではないでしょうか。


4月17日
・払暁に浜松を出発。
・今切の渡しを、用意された御座船に乗って浜名湖(浜名川)を越える。

1582041701
浜名湖

舟を下りて少しすると、右手に浜名の橋という名所があり、徳川家臣・渡辺弥一郎が機転を利かせ、浜名の橋や今切の由来、舟方のことなどを説明しました。
これに感心した信長は、弥一郎に黄金を与えています。

・潮見坂の御茶屋で休憩。
・晩に及んで雨となり、この日は吉田に宿陣。

1582041702
吉田城


4月18日
・吉田川を越え、御油(五位)の御茶屋で休憩。
この御茶屋には、表に結構な橋が架けられ、風呂も用意されていました。

・本坂、長沢の街道は山中で岩が露出していましたが、それも今回、金棒で岩を砕いて取り除き、平に均してありました。
・山中(地名/岡崎市本宿町)の法蔵寺(宝蔵寺)にも御茶屋が構えられていて、寺僧・喝食悉くが挨拶に出向きました。

1582041801
法蔵寺
家康幼少期の手習いの寺、そして新選組局長・近藤勇の首塚とされるものがあることでも知られます。

1582041802
法蔵寺前を通る旧東海道
当然この時、信長らが通った道でもあります。

・大平川(大比良川)を越え、岡崎城下のむつた川(乙川か?)・矢作川には橋が架けられていました。

1582041803
岡崎城

・矢作宿を過ぎ、知立(池鯉鮒)に宿陣。


4月19日
・清州着

1582041901
清州城

これ以降、信長の凱旋旅は中山道を経由し、近江鳥居本からは下街道を進むことになります。


4月20日
・岐阜へ移動

1582042001
岐阜城


4月21日
・呂久の渡し(揖斐川/瑞穂市)を、稲葉一徹の用意した御座船で渡る。
・垂井では、ごぼう殿(五坊/織田勝長)が用意した御屋形で一献進上。
・今須(関ヶ原町)では、不破直光が用意した御茶屋で一献進上。
・柏原でも、菅屋長頼が御茶屋を建てて一献進上。

1582042101
中山道、柏原宿

・佐和山城に御茶屋を建て、丹羽(惟住)長秀が一献進上。

1582042102
佐和山城

1582042103
佐和山城内に引き入れられた下街道(朝鮮人街道)
頭上の太鼓丸か、その下段の曲輪辺りに、丹羽長秀が用意した御茶屋が建っていたのではないかと思われます。

・山崎山城に御茶屋を建て、山崎源太左衛秀家が一献進上。

1582042104
山崎山城

・同日、安土に帰陣
最終日は家臣たちによる、接待漬けの道中だったようですね…(^_^;)

1582042105
安土城天主跡

天正10年4月10日~21日の12日間に及ぶ、織田信長の凱旋旅
今後も新たに沿道の関連地を訪れた際には、本記事に写真などを追加していきたいと思います。

|

« 旧東海道(松並木)と田中城 | トップページ | お城EXPO 2016 (12/24) »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧東海道(松並木)と田中城 | トップページ | お城EXPO 2016 (12/24) »