« 「戦国!井伊直虎から直政へ」展 | トップページ | 高麗神社と高麗家住宅 »

2017年7月30日 (日)

早川城

雨のパラつく日曜日、新車の慣らし運転がてら、神奈川県綾瀬市までドライブしてきました。

2017073001
向かった先は早川城跡
夏場の城攻めは何かと苦労が付き物ですが、ここは城山公園として整備されており、且つ駐車場も完備で、ちょっとしたドライブついでには最適♪

早川城は南北に伸びる舌状台地の先端部(南)に築かれた城跡で、その築城は鎌倉期の御家人・渋谷氏によるものと考えられています。
また、この台地上からは縄文期の土器や竪穴式住居跡も発掘されているようです。

2017073002
公園北側の駐車場に車を停め、南へ向かって進むとすぐに台地を分断する堀切と、それに架かる土橋が現れます。

2017073003
土橋上から西側の堀切。

2017073004
そして東側の堀切。
想像以上に規模の大きな堀切でした。
写真右手側が主郭になりますが、その土塁もなかなか立派なものです。

2017073005
主郭は公園として綺麗に整備されていますが、かなりの広さがあります。

2017073006
主郭、物見塚の上に建っていた東郷氏祖先発跡地碑
旧海軍元帥・東郷平八郎は、渋谷氏の末裔でもあったようです。

2017073007
舌状台地の先端方向。
左手には主郭東面の土塁がうっすらと残ります。

2017073008
主郭西面下、腰郭を覗く。

2017073009
舌状台地先端の下にも、腰郭らしき平坦地が。

2017073010
その舌状台地を南東側から。
早川城山公園は住宅地にあり、駐車場から歩いてくると分かりづらいのですが、こうして見るとかなりの要害の地に築かれていたことが分かります。

2017073011
同じく北東側から。

早川城跡。見応えのある遺構としては、最初にご紹介した堀切くらい・・・かな。
この日はあいにくの空模様でもありましたが、しかし地形も合わせて見ていくと、ちょっとした散策ついでとしては楽しめました。

|

« 「戦国!井伊直虎から直政へ」展 | トップページ | 高麗神社と高麗家住宅 »

お城、史跡巡り 関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「戦国!井伊直虎から直政へ」展 | トップページ | 高麗神社と高麗家住宅 »