« 安養寺 (岐阜県郡上市) | トップページ | 男鬼入谷城 …山城踏査会&忘年会2017 »

2017年12月 3日 (日)

谷保城 (三田氏館跡)

本日は国立市の谷保城へ。
くにたち郷土文化館の東方300mほどに位置します(城山公園)。

谷保城は古くから「三田氏館」などと呼ばれ、(主に現在の青梅地方に勢力を張っていた)中世三田氏に関係する城跡遺構との見方もありますが、鎌倉幕府の御家人・津戸氏が城主だったとする史料も存在するようで、その成り立ちや歴史の詳細については不明です。
(主郭跡に現在もお住まいの、所有者の方のお名前も・・・?!)
立川崖線の一段下、南へ張り出した青柳崖線(崖線=ハケ/共に多摩川による河岸段丘)の縁に築かれた、南北に長い長方形の城館跡のようです。

2017120301
城館の北西付近から探索スタート。私有地につき立ち入ることができませんので、小道からこの距離感での見学。
井戸の向こうに横堀が見えています。その奥が主郭部。

2017120302
北西コーナー部分の横堀。

2017120303
北西端から南の方向。

2017120304
次はこちらから、城館の東面に沿って南へ進みます。

2017120305
紅葉も綺麗でした。

2017120306
当初、「東面の堀はやけに規模が大きいな」と思いましたが、後で地形図で確認してみると、どうもこれは人工的な堀ではなく、青柳崖線に注いでいた沢か何かによる自然の谷の名残のようです。
谷保城は青柳崖線と、それに流れ込む谷の角の部分を利用して築かれていたということになりますでしょうか。

2017120307
東面の土塁に残っていた、虎口のような窪み。

2017120308
南面、青柳崖線の縁。

2017120309
南側にも藪の影に、横堀のような窪みが覗いていましたが・・・古くからの用水(府中用水)の名残かもしれません。

2017120310
城山公園の南西には、古民家が移築復元されています。
郷土文化館と共に、城跡散策のついでに立ち寄るのもいいかもしれません。

|

« 安養寺 (岐阜県郡上市) | トップページ | 男鬼入谷城 …山城踏査会&忘年会2017 »

お城、史跡巡り 関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安養寺 (岐阜県郡上市) | トップページ | 男鬼入谷城 …山城踏査会&忘年会2017 »