« 三枚橋城(沼津城)、興国寺城 | トップページ | 圧切長谷部と対面 »

2018年1月 7日 (日)

大庭城

本日(1/7)は、神奈川県藤沢市の大庭城址公園までドライブしてきました。

2018010701
大庭城は南北に伸びる舌状台地に築かれた城跡で、その起こりは定かではありませんが、源頼朝に仕えた大庭氏の拠点だったとも考えられています。
その後、室町時代中期に太田道灌の手により本格的な築城が成され、北条早雲(伊勢新九郎)に攻略されて後は北条氏の支配下に置かれたとも伝えられています。

2018010702
大庭城縄張図
図面上が北になります。

2018010703
Ⅳ郭東側の空堀aは・・・ド藪(^_^;)

2018010704
Ⅲ郭とⅡ郭間の空堀b
こちらは規模も大きく、割と形状をハッキリと確認できました。

2018010705
cのコーナー部分

2018010706
Ⅱ郭とⅠ郭間の土橋から見る堀切、その東側。
城址公園として整備されているのは平坦な曲輪面のみで、堀跡などは基本的に藪に覆われていました。

2018010707
同じく西側。この先は・・・

2018010708
竪堀として落とされています(d)。

2018010709
Ⅰ郭から、その堀切越しにⅡ郭を見る。

2018010710
台地の先端、Ⅰ郭。
昭和43年の発掘調査で明らかになった、建物の掘立柱址を示す石柱が建てられています。

2018010711
Ⅰ郭で見かけた・・・井戸跡?

2018010712
城跡西側の横堀

2018010713
Ⅱ郭とⅢ郭間の堀切跡(の窪み)。
堀切は、写真右手前の笹藪の先まで続き・・・

2018010714
そのまま竪堀として落とされていました(e)。

2018010715
fの竪堀

2018010716
城下、西側から眺める大庭城遠景。

2018010717
大庭城の南麓には、お地蔵さんが舟に乗った舟地蔵が祀られていました。

大庭城を攻める北条早雲は、城の周囲を取り囲む沼地に手を焼いていました。そこで近くに住む老婆に尋ねると、引地川の堤を切れば沼はたちまちに干上がると言います。
これによって早雲方は大庭城を攻略することができましたが、機密の漏洩を恐れ、その老婆を殺害してしまったとの伝承が伝えられています。
この舟地蔵は、その老婆を供養するためのものと云われているようです。

|

« 三枚橋城(沼津城)、興国寺城 | トップページ | 圧切長谷部と対面 »

お城、史跡巡り 関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三枚橋城(沼津城)、興国寺城 | トップページ | 圧切長谷部と対面 »