« 「小熊」の地蔵菩薩 | トップページ | 墨俣川古戦場と源義円 »

2018年3月20日 (火)

高桑城

20180310b01
岐阜県岐阜市柳津町の高桑城跡

高桑城は鎌倉時代、高桑氏による築城と推定されています。
高桑氏は代々、美濃国守護の土岐氏に仕えていましたが、大永7年(1527)、斎藤道三に通じた武山氏に城を占拠されて越前へ逃れています。
その数年後には土岐氏も道三に追われ、高桑城はそのまま武山氏の居城となりました。

20180310b02
現地案内板には「土盛りが残る」とありましたが、どれを指しているのかがわからず、竹藪の周囲も探ってみたのですが・・・とても突入できそうにはないですね、これは(^_^;)

20180310b03
高桑城跡の近くにある、慈恩寺の観音堂

20180310b04
この観音堂の基礎部分には、高桑城の城石(石垣?)が用いられているそうです。

高桑城はその後、永禄10年(1567)に織田信長の軍勢によって落城したと云います。

20180310b05
織田勢に攻められ、この地で自刃した武山氏一党の16名を供養する無念塔。
正面に「永禄戊辰武山党一六士自刃各霊供養塔」と彫られていました。

ちなみに、永禄の戊辰年は永禄11年にあたり、城が落城したと云う同10年とは1年のズレが生じます。
また、無念塔の現地案内板には、高桑城を攻めたのは織田信忠とありましたが、この時点での信忠は11~13歳くらいで、しかも元服前・・・ちょっと考えづらいように思えます。

なかなか史料も少なくて難しそうですが、この辺りはもう少し丁寧に検証してみる必要がありそうですね。

|

« 「小熊」の地蔵菩薩 | トップページ | 墨俣川古戦場と源義円 »

織田信長・信長公記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「小熊」の地蔵菩薩 | トップページ | 墨俣川古戦場と源義円 »