« 龍王山城(北城) | トップページ | 高麗山城と周辺の歴史散策 »

2018年12月 6日 (木)

信貴山城

城友会2018、ラストは生駒郡平群町の信貴山城です。

20181125b01
朝護孫子寺の参道を伝って城山へアタック。
途中で雄嶽と雌嶽の分岐点に出ます。雌嶽にも出城のような曲輪がありますが、まずは主城の雄嶽へ向かいました。

20181125b02
信貴山城本丸

20181125b03
信貴山城図

20181125b04
城内最高所に建つ空鉢堂。

十月十日の晩に、秋田城介信忠、佐久間、羽柴、惟任、惟住、諸口仰せつけられ、信貴の城へ攻め上られ、夜責めにさせらる。防戦、弓折れ矢尽き、松永、天主に火を懸け、焼死候。
(信長公記 巻十「信貴城攻め落さるゝの事」より)

織田信長に反旗を翻し、信貴山城に立て籠もった松永久秀。
天正5年(1577)10月10日、織田信忠率いる大軍の総攻撃を受け、信貴山城は落城しました。
久秀が火を放って命を絶ったと云う天主も、或いはこの空鉢堂の辺りに建っていたのかもしれませんね。

20181125b05
信貴山城本丸からの眺望。
手前に丸い頭が出ているのが、後で登る雌嶽の山頂です。

20181125b06
本丸から舗装された山道伝いに北の方角へ下っていくと、いくつかの小曲輪を経てAの曲輪に達します。
A曲輪の更に北へ続くのが・・・

20181125b07
松永屋敷の曲輪群です。

20181125b08
松永屋敷から見上げるAの切岸。

20181125b09
松永屋敷は最近整備されたようで、整備の度合いもやり過ぎず適度な感じで、とても気持ちよく見学できました。

20181125b10
段違いに4~5の削平地から成り、土塁なども見受けられました。

20181125b11
松永屋敷北端から南を振り返る。
土橋状の虎口が明瞭に残っていました。

20181125b12
松永屋敷西の谷を越え、Bの竪堀。

20181125b13
Cの辺りにあった堀切と土橋。

20181125b14
Dの食違虎口を抜け、最北端の曲輪を目指します。

20181125b15
Eの虎口・・・枡形になっていたように思います。
この虎口を出た東側の斜面に・・・

20181125b16
ご覧のような石垣が残っていました。

20181125b17
一旦本丸まで登り直し、最後に雌嶽曲輪へ。

20181125b18
雌嶽曲輪
細長い削平地が広がっています。

20181125b19
雌嶽曲輪先端は一段低くなり、虎口のような痕跡も見られました。

20181125b20
虎口の先、尾根を下った地点に堀切のようなものも見えていましたが、もはや下って確かめる気力も残っていなかったので・・・引き返しました。←

20181125b21
信貴山城遠景

これにて城友会2018も終了です。
今回めぐった奈良のお城はどれも素晴らしく、スケールの大きさに驚きの連続でした。
来年は・・・どこになったのかな?そういえば、まだちゃんと聞いていなかったな・・・想像はついているけど。
(翌年の行先は夜のカラオケで決定するのが恒例←今年パスした)

来年もまた、みんなで集まれますように。

|

« 龍王山城(北城) | トップページ | 高麗山城と周辺の歴史散策 »

織田信長・信長公記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 龍王山城(北城) | トップページ | 高麗山城と周辺の歴史散策 »