« 泰巖歴史美術館 | トップページ | 枝豆の収穫と新しい仲間たち ~家庭菜園②~ »

2020年6月13日 (土)

家庭菜園、はじめました。 ~家庭菜園①~

新型コロナ・ウィルス感染症の拡大に伴い、4月上旬には全国に緊急事態宣言が発出され、外出もままならない日々が続いています。
当然のことながら私も、4月以降は一切の史跡・お城めぐりを控え、当blogの更新も滞っておりました。

そんな状況下、“Stay Home”しながらでも何かやれることはないかと考え、例年は家族任せでノータッチだった庭先での家庭菜園に挑戦してみることにしました。
折角なので、その記録をblogにも残しておくことにします。


■4月25日(0日目)

2020042501
まずは土を起こして畝作りから。
畑は庭の隅、両サイドに2ヶ所作ります。

2020042502
今年の苗たち。
茄子やらミニトマト、ピーマン、etc...今年は初の試みとして、枝豆にもチャレンジ。

2020042503
苗植えを終えた畑A。
向かって右の列からピーマン、茄子、ミニトマト、キュウリ。

2020042504
同じく畑B。
向かって左の列はインゲン豆で、右列は手前から枝豆、とげなし茄子、ピーマン(畑Aとは別品種)、ライムホルン。

元気に育って美味しくいただける日を楽しみに♪


■5月22日(27日目)

2020052201
苗を植えてから一ヶ月ほどが経った畑A。

2020052202
ピーマンは早くも小さな実をつけました。

2020052203
ミニトマトも。

2020052204
畑B

この日は一ヶ月で増えてしまった雑草を除去したのですが、この1~2日後、畑Bのインゲン豆やピーマンの葉を、夜間のうちにごっそり食べられる被害が発生しました。
雑草取りをしている際もダンゴ虫の多さが気になりましたし、日中は姿を見せずに夜のうちに食べられていることからヨトウムシの可能性も・・・。
雑草類を綺麗に除去したから、害虫が苗に集中してしまったのでしょうか・・・?

土に撒く誘殺剤や、葉に散布する天然素材の殺虫剤を購入して対処したところ、以降は現在まで食害もピタリと収まりましたが・・・油断大敵。


■5月30日(35日目)

2020053001
畑A
この日は一番右にもう一列作って、食後の豆苗(エンドウ豆)の根を植えてみました。
チョロチョロと土から顔を出しているのがそれです。

2020053002
一週間でピーマンがだいぶ大きくなっていました。

2020053003
ミニトマトもたわわに。

2020053004
キュウリも小さな実をつけていました。

2020053005
畑B

2020053006
枝豆の苗に、早くも小さな鞘が!?


■6月6日(42日目)

2020060601
一週間前に植えた豆苗が、しっかりと芽を伸ばしてくれました。

2020060602
さて、この日はいよいよ初の収穫です。
まずは、こちらのピーマンと・・・

2020060603
ピーマンだと思って植えたのに、何故か一株だけ混じっていたシシトウに・・・

2020060604
更には茄子と・・・

2020060605
そして、畑Bのとげなし茄子も収穫しました。

2020060606
枝豆は鞘の中に実も入りだしました。

2020060607
ライムホルン
残念ながらこの実は収穫のタイミングを逃し、この後傷んでしまいました。

2020060608
ミニトマトは数こそたくさんなれど、なかなか色づきません。

2020060609
キュウリももう一息、といったところだったのでこの日は収穫しませんでしたが、とても実の成長が早いので、この2日後には食べ頃を迎えました。

2020060610
今年初の収穫。
炒め物にして美味しくいただきました。

2020060801
2日後の6月8日に収穫したキュウリ。
こちらは生のままスティックにして。


■6月12日(48日目)

2020061201
畑A
豆苗用にネットを張ってみました。
4月25日の写真と比べると、キュウリとミニトマトの成長の早さに驚きます。

2020061202
畑B
まだ収穫できそうな作物は、しばらくなさそうです。

2020061203
畑横の紫陽花も、綺麗に花を咲かせました。

2020061301
翌6月13日に収穫したキュウリ、ピーマン、シシトウ、そしてインゲン豆。
キュウリは今年も、ハイペースで実をつけてくれます。
紫陽花は、3年前に亡くなった愛犬ボンに供えました。

今後も引き続き、家庭菜園の様子はtwitterやblogでも更新していきます。
でも・・・早く歴旅にも出かけたいなぁ~

|

« 泰巖歴史美術館 | トップページ | 枝豆の収穫と新しい仲間たち ~家庭菜園②~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泰巖歴史美術館 | トップページ | 枝豆の収穫と新しい仲間たち ~家庭菜園②~ »