« 7月後半の記録 ~家庭菜園④~ | トップページ | 8月後半の記録 ~家庭菜園⑥~ »

2020年8月15日 (土)

8月前半の記録 ~家庭菜園⑤~

■8月2日(99日目)

2020080201
一番右の1本を残して全滅してしまった豆苗(エンドウ豆)。
しかし、この日は嬉しい発見が・・・

2020080202
なんと、その生き残った1本が小さな花をつけていたのです。
下の方から葉も枯れてきているので予断は許しませんが、しばらくは注意深く様子を見守りたいと思います。


■8月8日(105日目)

2020080801
この日は畑全体に追肥と、培養土による土寄せを施しました。
今季はこれで3回目くらいかな?

2020080802
鷹の爪
大きな実は少しずつ、色が薄くなってきたようです。
これから段々、赤くなっていくのかな?

2020080803
オクラも大きく成長しました。

2020080804
・・・実はまだまだですが。

2020080805
オクラの陰に隠れるようにして風にたなびくだだちゃ豆。
収穫まではもう一息、といったところでしょうか。

2020080806
隣りの紫陽花の枝葉に被せられ、すっかり葉も落ちてしまったとげなし茄子。
花をつけても実がならず、もう諦めて撤去しようかとも思っていたのですが・・・なんと一つだけ実が膨らみ始めていました。
見た通り色も悪いですが、ちゃんと大きくなってくれるのか・・・見守ります。

2020080807
普通の茄子の方はまぁ何とか、細々とではありますが収穫を続けています。

2020080808
そして、この日の主役は・・・このコ。
以前の記事でもご紹介してきた“ど根性”京みどりです。
一粒種の実が立派に成長し、遂に収穫を迎えました。

2020080809
まさか、食せる実をつけてくれるまでになるとは思いもしなかったので・・・感慨も一入です。
(中央上が京みどりの実)

2020080810
苗はまだまだ元気で小さな実もついているので、第2号にも期待です。

2020080811
収穫した実は、同じくこの日に収穫したピーマン・シシトウ・ライムホルン・インゲン、そして3日ほど前に収穫してあった茄子と一緒に・・・

2020080812
オイスターソース炒めにして、美味しく頂きました☆
通常のピーマンより実は薄いものの、シャキシャキとした食感と、しっかりと効いた苦みがとても美味でござりました♪


■8月10日(107日目)

2020081001
食べても食べても追いつかず、ストックが10本近く貯まってしまったキュウリの消化のため、こちらの3本を使って、思い付きで酒のつまみを作ってみることにしました。

2020081002
まずは適当な大きさにキュウリをカットし、塩で揉み込んでしばらく置きます。
キュウリの水分を抜いている間に、漬け込み用のタレを作ります。
今回は冷蔵庫にあったものから、ポン酢・胡麻油・辣油・創味シャンタン・豆板醤をチョイス。感覚だけの目分量なので、配合?は覚えていません(笑)

2020081003
塩に漬けておいたキュウリをサッと水で洗い流した後は、ジップロックでタレに漬け込んで冷蔵庫で寝かせるだけ。

2020081004
4~5時間後、いい具合に漬かりました。
適度に水分も抜けてカリカリの食感も良く、イメージしていたものよりも辛味が若干足りませんでしたが、とても美味しく仕上がりました。ビールが止まりません♪

2020081005
さて、少し畑(庭)に出てオクラの様子。
てっきり実だと思っていた尖がった筒状のものが開き、中から黄色い葉?花?のようなものが出ていました。
予備知識ゼロで栽培しているので、わからないことがたくさん。このあとはどう変化していくのでしょうか。

2020081006
だだちゃ豆は鞘が重くなってきたのか、そろそろ苗が横に垂れるようになってきました。

2020081007
中の実も大きくなってきたようだし、そろそろ収穫期を迎えるようです。


■8月12日(109日目)

2020081201
日課となっている朝の見回りと収穫。
先日初めての収穫を迎えた“ど根性”京みどり、新しい実がまた少しずつ大きくなってきました。
花も咲いているし、これからまた楽しませてくれそうです。

2020081202
そしてオクラには、大きくて綺麗な花が咲いていました。
オクラの花は短命で、朝に咲いた花も夕方には萎み、やがて実になっていくそうです。

2020081203
昼頃にはもう、こんな感じで閉じ始め・・・

2020081204
夕方には御覧の通り。

2020081205
ピーマンには心配な現象も・・・まだ小さな実に黒い斑点ができていました。
調べてみるとどうやら、養分不足や高温、乾燥などを原因とする病気の可能性がありそうです。
梅雨が明けてから急激に暑くなりましたので、それが影響しているのかもしれません。
斑点が出ていた実は除去しましたので、あとは他の実に出ないことを祈ります。

2020081206
鷹の爪は葉が丸まり、青枯れが起きているようです。
やはり連日の高温が響いているように思えます・・・少し日当たりの悪い、涼しい場所に移動しました。

2020081207
更にこの日は、夕方の豪雨の影響でだだちゃ豆が倒伏・・・。

2020081208
幸いにも折れたわけではなかったので、支柱を立てて起こし、事なきを得ました。


■8月13日(110日目)

2020081301
なんとか花をつけるまでは持ち堪えてくれていた豆苗(エンドウ豆)でしたが、連日の猛暑には耐えられず、とうとう枯れてしまいました。
やはり植えた時期が良くなかったですね・・・。来年はもう少し早くスタートしてみようと思います。

2020081302
前日に咲いていた二輪のオクラの花は地面に落ち・・・

2020081303
そのあとから、小さな実が膨らみ始めていました。

2020081304
開花に気付いていなかったオクラの第1号は、既にご覧の大きさにまで成長しています。


■8月14日(111日目)

2020081401
この日はついに、だだちゃ豆を収穫しました!
虫食いなどによる傷みは2~3莢程度で済みました。

2020081402
一緒に収穫したキュウリや茄子と共に。

2020081403
だだちゃ豆(枝豆)はとにかく鮮度が命。
すぐに茹でていただきます。

2020081404
口に含んだ瞬間の甘みが強く、とても美味でございました♪


■8月15日(112日目)

2020081501
この日はついに、オクラの初収穫を迎えました。
レディーフィンガーという品種で、細く長いのが特徴です。
その他、キュウリや茄子、ライムホルン、そしてインゲンを収穫しました。

2020081502
そのインゲンですが、葉も茎も枯れ始め、実(莢)も黒ずんで形の悪いものしかつかなくなったので、もう限界と判断して撤去しました。
新しい収穫物があれば、終わりを迎えるものもある・・・季節は確実に移ろっていますね。

2020081503
とげなし茄子も殆ど枯れ果てているのですが、唯一葉が残っている枝の先に実が一つだけなっているので、このコが頑張っているうちは残します。
色艶も悪く、美味しい実になりそうにはありませんが・・・(;^_^A

2020081504
ライムホルンの枝が垂れ下がり、写真手前の京みどりに掛かりそうになっていたので、紐でリフトアップ。

2020081505
この日も1個収穫していますが、通常の茄子の方はまだまだ元気です。
このコは重みで地面につきそうだったので、やはり紐で吊り上げました。

2020081506
だだちゃ豆、そしてインゲンが去って少し寂しくなった畑B。
まさか京みどり(左奥、とげなし茄子の葉に隠れています)が、最後まで残るとは思わなかった。

2020081507
ミントは目を離すとすぐに伸び放題となるので、時々ハサミを入れています。

2020081508
畑A
こちらも豆苗が去りました。
鷹の爪(左手前)は暑さに弱いみたいなので、なるべく日陰に置くようにしてます。
ピーマンにも、暑さが原因と思われる症状が出ているので心配です。

それでは最後に恒例、まだ紹介していなかった日々の収穫を。

8月2日
A2020080201

8月3日
A2020080301

8月4日
A2020080401
相変わらずキュウリが好調です。
このキュウリたちは・・・

A2020080402
タコやアイコ(トマト)と一緒に辣油、ポン酢などで漬け込み、お酒のおつまみとしていただきました。

8月5日
A2020080501
この茄子を、前述8月8日のオイスターソース炒めに使用しました。

8月6日
A2020080601
アイコはもう、あまりまとまった数は採れなくなってしまいました。

8月7日
A2020080701
相変わらずキュウリの採れ高が凄いけど、不格好なものが増えてきました。

8月9日
A2020080901
キュウリの実は成長が早く、収穫期を逃すとすぐに巨大化します。
左のキュウリは葉に隠れていて存在に気付かず、少々収穫が遅れてしまいました。
まぁ工夫すれば、まだ何とか食せる範囲ではありますが…(;^_^A

8月10日
A2020081001
この日はいい茄子が採れました。
アイコは、たまにぽつんと色づいたものを1粒2粒拾うように収穫する程度になっています。
まだ青い実はそこそこなっているので、ちゃんと収穫できるといいのですが。

8月12日
A2020081201
この日は他に、シシトウも少し収穫しました。
インゲンはもう枯れ始め、実の色が悪いものが増えてきました。しかし、今季はたくさん実をつけて充分に楽しませてくれました。

8月13日
A2020081301
キュウリは相変わらず優秀です。

|

« 7月後半の記録 ~家庭菜園④~ | トップページ | 8月後半の記録 ~家庭菜園⑥~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月後半の記録 ~家庭菜園④~ | トップページ | 8月後半の記録 ~家庭菜園⑥~ »