« 2022年4月 | トップページ

2022年5月

2022年5月25日 (水)

鶴峰城

猪苗代城(亀ヶ城)の北側、丘陵の尾根続きに位置する鶴峰城
戦国期に猪苗代城を本拠とした猪苗代氏の隠居城とも、猪苗代城の出城(一城別郭)とも考えられていますが、近世初頭以降、猪苗代城が近世城郭として改修・整備されていったのに比して鶴峰城には手が加えられず、そのまま廃城となったために、猪苗代氏時代の古い遺構が残されているとのことです。

2022052001
猪苗代城(右)と鶴峰城(左)の間を穿つ堀切。
猪苗代城には2013年にも訪れています(記事)が、不勉強で当時は鶴峰城の存在を把握しておらず、完全にスルーしておりました。

2022052002
鶴峰城の南郭から猪苗代城を望む。
家族を麓の公園に待たせているので、今回は鶴峰城だけを駆け足で見ていきます。

2022052003
南郭
奥の一段高い部分が本郭になります。

2022052004
本郭への虎口(南)と思われる遺構。

2022052005
本郭側から見た本郭南虎口。
土塁の他、横堀や土橋のようなものも確認できますが、この辺りはちょっと構造が複雑で、私の理解が追い付いていません・・・。

2022052006
本郭
周囲を囲む土塁も残っています。

2022052007
本郭の土塁上を進み、その北端部分。
櫓台との案内もありましたが、その先は・・・

2022052008
本郭北側の虎口となっており、堀切と土橋もしっかり残っています。
(写真は本郭外側から撮影)

2022052009
竪堀として落とされている堀切。

2022052010
東面の切岸。
高低差もしっかりと確認できます。

2022052011
時間の都合上、北郭は諦めて本郭の南虎口まで引き返し、今度は西側の帯郭へ回り込みます。
写真は本郭から階段状に連なる小郭の切岸と、それを取り巻く帯郭。

2022052012
帯郭から見上げる階段状の小郭。

2022052013
西側斜面の中腹に築かれていた大手虎口跡。

2022052014
発掘調査により、石積の枡形虎口だったことが判明しているそうです。
ここから帯郭を通って南郭や本郭南虎口へと至るルートが、主要な登城路だったのでしょう。

2022052015
こういった石列も遺構なのでしょうか・・・?

本当に駆け足になってしまい、見落としも多数ありますが、ひとまずは忘れ物を回収できてよかったです。

| | コメント (0)

2022年5月 7日 (土)

アサツキの収穫など(家庭菜園2022 ③)

■4月20日

2022041901
生垣の根元で再生した捨てネギくん、だいぶ背が伸びてきましたので・・・

2022042001
畑Bの脇にスペースを確保し、移植しました。
ここなら成長に合わせて土寄せもできそうです。

2022042002
この日は茗荷が芽を出しているのも確認できました。


■4月26日

2022042601
私の知らぬ間に初収穫されていたアサツキが、夕餉の食卓に並びました。


■4月29日

2022042901_20220507104901
少し前に、昨年収穫した鷹の爪から採った種を植えていたのですが、それらが遂に芽吹きだしました。
とても嬉しいのですが、一つ問題も・・・もう定植させるスペースがありません!(・_・;)
この先順調に育ったら何本かを選抜して、プランターを新たに用意するようです。


◆4月30日

2022043001
茗荷が順調に背を伸ばしています。
更なる成長を促し、全体に腐葉土と黒土をブレンドしたものを敷き詰めておきました。

2022043002
さすがに、こんな場所に生えているコには敷いてあげられないけど(笑)

2022043003
アサツキとパセリもいい感じに茂っていたので・・・

2022043004
少し多めに収穫しました。

2022043005
アサツキもまだ、もう暫くは楽しませてくれそうです。

2022043006
早速、夕飯のメニューに。


■5月4日

2022050401
もうじきシーズンも終わるので、アサツキをどんどん食べていきます。

2022050402
今回はお吸い物の具材に。


■5月5日

2022050501
絹さや・スナップエンドウになかなか花が咲かなくてヤキモキしておりましたが、ついにスナップエンドウの花を初観測しました。
絹さやにも蕾らしきものは出てきているので、もう間もなくかと。

2022050502
この日もアサツキを冷奴のお供に。


■5月7日

それでは、ここまでのまとめを。

2022050701
畑A

2022050702
茄子に一番花が咲きました。

2022050703
京みどりにも。
まぁ、これらの一番花は株を育てるために摘んでしまいますが。

2022050704
キュウリは既にいくつか花を咲かせておりましたが、それらも同様の理由で摘んでいました。
しかし、もうある程度成長したので、これからは実になっていくのを待ちます。

2022050705
ミニトマトも同じく最初のうちは蕾を摘んでいましたが、これからは花を咲かせて実にしていきます。

2022050706
畑B
ゴーヤが思いのほかスローですが、気温の関係でこれからグングン成長してくれるものと期待しています。

2022050707
前日のスナップエンドウに続き、絹さやにも花が咲きました。

2022050708
アサツキにパセリ。
アサツキはそろそろシーズン終了なので、残った葉も全部食していきます。

2022050709
鷹の爪
手前の株は元気なのですが、奥の方は葉の色といい数といい、、、少々心配しています。

2022050710
行者ニンニク
特に変化は見られませんが、まぁ順調なのでしょう。

2022050711
昨年の種から育てている鷹の爪。
さて、順調に成長したらどこで育てましょうか…(;^_^A

2022050712
捨てネギくん
葉に怪しい模様が出てしまっています・・・。
掘った穴に土寄せしながら育てているのでわかりづらいですが、背は伸びています。

2022050713
茗荷
今年もまずまずの数の芽が出てくれました。

2022050714
実は、庭の別の一隅にも。

次回はエンドウや絹さやの収穫報告ができているのではないかと期待しています。

| | コメント (0)

« 2022年4月 | トップページ