カテゴリー「八王子城」の16件の記事

2020年1月 4日 (土)

八王子城→富士見台→熊笹山→太鼓曲輪

2020010301
2020年の城初めは、地元の八王子城
主な目的は、昨年10月の台風による城跡への影響を確認をしつつ八王子神社に参拝し、富士見台まで足を伸ばして富士山を拝もうというもの。
以前から、熊笹山辺りにも何か遺構はないのか気になっていたので、富士見台からは熊笹山を経由して太鼓曲輪尾根を下るルートを選択しました。

2020010302
さて、いざ登山開始という段階で早速、台風の爪痕が・・・。
向かって右側から迂回できるルートが付けられていましたが、のっけから先が思いやられます。

2020010303
金子曲輪脇の石垣はどうやら無事な様子・・・。

2020010304
柵門台下の石垣も。
この2つの石垣は特に危惧していたので、一安心。

2020010305
高丸を過ぎた先からの絶景。
遠くにスカイツリーもはっきりと見えていました。

2020010306
無事、八王子神社にお参り。

2020010307
本丸に建つお社にも。

八王子神社参拝の後は富士見台を目指し、詰城方面へ向かいます。

2020010308
駒冷やしの堀切を通過し・・・

2020010309
詰城へ。
詰城では、いつのものかはわかりませんが大きな倒木があり、曲輪の法面が一部損壊していました。
また、落雷によるものなのか、黒く焦げた倒木も。

2020010310
詰城背後の大堀切。
この大堀切を越えた先は、しばらく緩やかな尾根道が続きます。

2020010311
しばらくは尾根上を進み、最後にこの急斜面を直登すると・・・

2020010312
富士見台に到着。

2020010313
到着したのが正午前後で陽も高くなり、少し霞んでしまいましたが、無事に富士の姿を拝むことができました。

2020010314
富士見台から熊笹山へ向かう途中の尾根。

2020010315
熊笹山
その名の通りに熊笹が生い茂り、斜面などの形状は視認できませんでしたが、ちょっとした見張台くらいにはなっていたかもしれません。

2020010316
駒木野方面へ向かうルートと、木下沢方面へ下るルートの分岐点手前で目に付いた、連続竪堀のような痕跡。
2本あり、1つはY字になっていました。
ただの崩落かもしれませんが、道中何ヶ所かで見かけた同様のものよりは明瞭でした。

2020010317
こちらが駒木野と木下沢方面との分岐点。
ここは駒木野方向へ向かいます。

2020010318
まるで切岸を思わせるような急斜面。
慎重に下りましたが、乾いた砂地に足を取られそうになります。

2020010319
何の標識もないので見落としそうになりますが、こちらが駒木野と太鼓曲輪尾根との分岐点。
GPSで位置を確認しながら歩いていたので、何とか見落とさずに済みました。

2020010320
分岐点の先も急な下り坂。
これが結構、膝に来ます・・・(;^_^A

2020010321
こんな獣道を掻き分け・・・

2020010322
ようやく、太鼓曲輪の第五堀切に到着。
この後、第四~第二堀切を経由して、大手門横の竪堀から下山しました。

2020010323
下山後は御主殿の滝へ。
曳橋の下も結構土が流されたようです。
あちらの石積み、前から露出していましたっけ?

2020010324
御主殿の滝近くの石垣。
台風の影響でこの石垣近くの近くの土が流され・・・

2020010325
石垣から直角に折れる石垣列が、新たに検出されました。手前の2つの石です。
これにより、この石垣が隅部分だったこともわかります。
何も知らずに足を掛けちゃう人もいるので、注意喚起するなり、更なる調査をする予定もないのなら埋め戻すなりして欲しいところですが・・・。

2020010326
御主殿の滝すぐ脇の石垣も無事だったようです。

御主殿背後の四段石垣でも、土砂が流れ込む被害が出ているようですが、立ち入りが制限されているので確認できておりません。
今回辿ったルートは後半の下りがきつく、膝が悲鳴を上げておりますが、楽しい山歩きになりました。

2020010327
そうそう、八王子市(北条氏照の八王子城)と神奈川県の小田原市(北条氏の本拠)、埼玉県寄居町(北条氏邦の鉢形城)は姉妹都市を結んでおり、それぞれのデザインマンホールを交換して互いに設置しています。
先日訪れた小田原では「かまぼこ通り」に設置されていましたが、八王子では八王子城跡の駐車場から管理棟前にかけて揃っていました。
訪れた際は是非、こちらもコンプリートしてみてくださいw

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

馬蹄段最下段部の発掘現場

2017年2月26日、ぶらりと八王子城跡へ。
今年度(平成28年度)は金子曲輪下馬蹄段、その最下段部発掘調査が行われているとの事だったので、ちょっと様子見に訪れてみました。

2017022601
いつもはボランティアガイドさんたちが常駐している管理棟も老朽化のため、現在は改修工事中。

2017022602
昨年実施された調査で顕在化した、ニの鳥居脇の石垣。
これまでも一部が表出していましたが、私はてっきり、後世に積まれた八王子神社参道の土止めの石積みと思っていました・・・。
しかし参道の途中で隅石状になっていて道とは形状が合わないし、或いは柵門台の東下(脇)から連なる石垣遺構の一部だったのかもしれません。

2017022603
そして、今月(2017年2月)に発掘調査が行われた、ニの鳥居を潜ってすぐの場所。
ブルーシートが掛けられていますが、三段ほどの段差が認められます。
間に八王子神社の参道(破壊道)を挟んで左側にも段差があり、左右それぞれの段差のラインは綺麗に繋がります。往時はそれぞれが一つの小さな曲輪のようになっていたのでしょうね。
果たして何か新しい発見はあったのか・・・報告が待たれます。

2017022604
金子曲輪下の馬蹄段

2017022605
柵門台東脇の石垣
枯葉が積もったせいでそう見えるだけなのか、調査直後(2~3年前)に比べて少々心許ない感じが・・・。

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

八王子城搦め手口(山麓部)

本日は八王子城搦め手口を探索。
先日入手した「巨大山城 八王子城 精密ルートマップ2016年版」(揺籃社)を主な参考資料にめぐります。

2016032701
八王子城搦め手口、北浅川に架かる松竹橋
搦め手道が真っ直ぐに伸びます。

2016032702
北浅川は案下川とも呼ばれ、八王子城のお堀の役割も果たしています。
並行して走る道は陣馬街道、ですが・・・往時の案下道はこの辺りで城内側に取り込まれていたと考えられています。

2016032703
松竹橋を渡ってすぐ左折した地点、案下道の旧道候補の一つ。少し行くと道路は途切れますが、心源院の方向を向いていますので、あながち間違ってはいないかな、と。
写真左手、民家の奥を左に折れた先が・・・

2016032704
松竹橋が本来架けられていた場所、とも伝えられているそうです。

2016032705
その橋跡?から南に位置する、馬出し跡と伝わる地点。
一部、土塁らしき痕跡が残ります。

2016032706
馬出し内側(南)から見た土塁

2016032707
そのコーナー部分
手前に折れてすぐに消失していますが、どうやら角馬出しだったようです。
この馬出しの位置からして確かに橋の位置は、現在のものよりも東寄りでいいのかもしれません。

2016032708
また、付近の路地には気になる段差がありました。

2016032709
この段差、すぐ脇の民家の畑にも続いていました。(石垣部分)
・・・何でしょうね?

2016032710
搦め手道に戻って城山側(南)へ進みます。
北を振り返ると浄福寺城が目の前に迫ります。

2016032711
搦め手門の手前で通路をグイッと曲げる腰巻坂
このカーブを抜けた先が・・・

2016032712
搦め手門跡

2016032713

両サイドを土手?のような段差が固めます。
こちらは搦め手道の左側で・・・

2016032714
右側には松嶽稲荷神社があるのですが、その境内にも段差が続いていました。

2016032715
松嶽稲荷神社

2016032716
城山へ向かって一直線に伸びる搦め手道

2016032717
横切る滝ノ沢川は渇水・・・。

2016032718
ここからがいよいよ城山への登山道となる、搦め手虎口付近

2016032719
朽ち果てて転がっていた手作りの案内板・・・。

2016032720
搦め手虎口手前で見かけたこちら・・・お!虎口を守る土塁か!?
とも思いましたが、よ~く見るとコンクリのブロックなどが交っており、明らかに廃棄物の堆積ですね…(^_^;)

2016032721
虎口らしき痕跡は、登城路右脇の土塁に付けられています。

2016032722
虎口

2016032723
少し下ると、進入路を屈折させる土塁も。

2016032724
登城路を虎口から100mほど行った先、東沢に架かる木橋
渡るにはとても勇気が要りますが…(^_^;)

2016032725
東沢は人工的な開削が加えられているようにも見えました。
・・・天然の堀代わり?

さて、今回は登山の装備を用意していないのでここまで。
いずれは柵門台まで続く搦め手道青龍寺跡方面、心源院からの向山砦・大六天コースにも挑戦してみたいと思います。←道連れ募集中?!(笑)

| | コメント (0)

2015年12月29日 (火)

八王子城、御主殿曳橋の再建状況(H27.12.29)

2015122901
久しぶりに八王子城跡を訪れ、御主殿曳橋の再建工事の進捗を確認してきました。
平成28年3月末竣工予定とのことでしたが、思いのほか進行は早いようで、パッと見にはほぼ完成しているようにも見えます。

2015122902
新しい橋脚
以前のものは橋脚も含め全て木製でしたが、新しい橋脚は鉄筋を木目調のもので覆っているようです。

2015122903
初代の復元曳橋同様、間違えたままの位置(本来の位置は写真右手側)に架け直されています。
これについてはいろいろご意見もあるでしょうが、位置を修正することで万が一新たな遺構破壊に繋がったりしては元も子もありませんので、今となってはこれでよかったのではないかと個人的には考えています。

2015122904
あともう少しでまた、曳橋を渡って御主殿に入れる日もきますね☆

そして今回訪れてみて何より嬉しかったのは、2015年夏、大雨により工事用車両の足場の堰堤が流失し、その大量の砂利が城山川を埋め尽くしてしまった、というニュース(参照記事 )をご紹介しましたが・・・

2015122905
なんと、あれだけの大量の砂利が取り除かれ、城山川の流れが回復していたのです!

堰堤の設計は甘かった(流失原因は、川の流れを通すための暗渠の径が小さ過ぎたため)ですが、これは良い仕事♪…安心しました。

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土)

曳橋工事現場の堰堤流失状況

八王子城跡オフィシャルガイドの会のHPで;
曳橋作業用の堰堤が流失
というニュースを目にし、状況が気になって仕方なかったので現場へ向かってみました。

20150801b01_2
堰堤流失現場
本来は城山川対岸の石垣下まで水平に砂利が盛られていましたので、相当な量が流されたことになります。

20150801b02
こちらは今年(2015)4月に御主殿跡から撮影した工事用堰堤の様子。
2枚の写真を見比べると、流失箇所・規模が一目瞭然です。。。

原因は先日の台風11号がもたらした大雨によるものらしいのですが…想定できないほどの雨量ではなかったはず。それがこれほどの流失を招くとは・・・。
川の流れを通すための暗渠の径が小さ過ぎたことが流失原因のようですが、雨が降れば川が増水するのは、子供でも分かること。
もしこの事故が作業中に起きていたらと思うと・・・まずは人的被害がなかったことが何よりです。しかし・・・

20150801b03
城山川を下流に向かって歩くと、目を覆いたくなるような痛ましい姿に変わり果てていました。

20150801b04
砂利、砂利、砂利、、、灰色に見えるのは全て堰堤から流されたものです。

20150801b05
すっかり城山川を覆い尽くし、そのせせらぎを潰してしまっています。

ボランティアガイドの方々も「これは環境破壊だ」とご立腹でした。
今後どのような計画で曳橋復元工事を進めていくのかは知りませんが、川の環境を取り戻すためにも、まずは流れ出た砂利を取り除き、川を旧に復するのが先決です。

まさか、このまま放置するような無責任な真似はしないでしょうが、今後も事態の推移を見守りたいと思います。

| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

八王子城の石垣 …柵門台下、他

本日(12月6日)は久し振りに地元の名城、八王子城へ。
2014年、発掘調査によって姿を現した柵門台下の石垣を中心に、石垣をテーマにしてサクッと歩きます。

2014120601
新道(左)と旧道(右)の分かれ道。
旧道も長らく通行止めになっていましたが、いつの間にか開通していたのですね。
しかし、今回は金子曲輪を経由して行きたいので新道をチョイス。

2014120602
馬蹄段曲輪群を抜けて、、、

2014120603
金子曲輪

2014120604
金子曲輪の外側(北)には、ご覧のように石がゴロゴロしています。
立入禁止になっていて確認には行けませんが、この辺りからも発掘調査で石垣が顕在化していますので、これらもその石垣の名残でしょう。

2014120605
少し進むと新道の右手に、妙に形の整った石段が現われます。
しかし一直線に過ぎるし、後世に八王子神社への参道として築かれた新道に面していることからも、この石段は城の遺構とは考えられません
登った先には大きな石碑があり、恐らくはそのための石段かと…。

更に柵門台方面へ向かって登って行くと、いよいよ、、、

2014120606
発掘調査によって顕在化した柵門台下の石垣が見えてきます!

2014120607
柵門台から旧道へ回り、下から見上げた様子。

2014120608
ズームで寄ってみる…素敵です♪

2014120609
柵門台下の石垣はまだ調査中で、周囲にはロープが張られていて立入禁止です。崩落も激しく、遺構を痛める恐れもありますので決して近付かないでください。
ルールを守ってロープの外から見下ろすか、少し離れた旧道から見学するようにお願いいたします。

2014120610
柵門台
ここからは山頂曲輪群へは向かわず、、、

2014120611
山王台経由で殿の道を下ります。

2014120612
殿の道、第四石垣群

2014120613

更に下って第三石垣群

2014120614
第三石垣群越しに第四石垣群も奥に・・・

2014120615
第二石垣群

2014120616
そして第一石垣群

2014120617

第一石垣群は三段構成になっていて、間にはそれぞれ犬走りも確認できます。

2014120618
横幅も広いし、間近で見ると結構迫力があります☆

2014120619
殿の道を抜けて御主殿

2014120620
御主殿脇に残る石垣
※こちらは、ボランティアガイドさん同行でないと入れません。私も居合わせたガイドさんにお願いしました。

2014120621
御主殿から見下ろす曳橋
・・・こうして見ると架け間違えが一目瞭然ですね…(^_^;)

2014120622
御主殿の滝

2014120623

御主殿の滝の脇には櫓台の様な土盛りがあるのですが、その側面にもご覧の石垣が。

2014120624
最後に大手虎口の枡形(内側より)

2014120625
大手枡形を外側より
ここも以前は周囲に石がゴロゴロしていました(片付けてしまったのか、今回見たらなくなっていましたが…)し、私は大手も御主殿同様、石垣で組まれた階段状の枡形(あの先、右に折れた後は上りになっています)だったと考えています。
いつか調査が入る日も来ますかね?

石垣を積む技術が西国に比べて未熟だったこともあるのでしょうが、この城山の土質はサラサラしていて、とにかく崩れやすい。
それも八王子城の石垣がなかなか現存しにくい原因なのでしょう。

せめて今回ご紹介した、今に残るこれらの石垣だけでも後世に伝えていけるよう、願わずにはいられません。

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

宗関寺 (横地監物屋敷跡)

2014081601_2
八王子城跡の麓に建つ宗関寺
元々は延喜17年(917)の創建。荒廃していたものを、北条氏照が八王子城を築く際に堂宇を再建し、牛頭山宗関寺として再興されました。
その後、天正18年の八王子城落城と共に焼失してしまいますが、2年後には寺号を朝遊山宗関寺として再建されています。

氏照によって再建された時の寺地は現在の所在地より少し城山側、氏照の墓所がある付近に建てられており、この場所には当時、氏照の重臣・横地監物の屋敷がありました。

写真に写る門の脇には土塁の様な土盛りが残っており、横地堤と呼ばれています。

2014081602
宗関寺の堤とは車道で分断されていますが、こちらも横地堤の名残です。
その手前(左)は八王子城への登城路の名残。現在の車道は真っ直ぐ堤を貫通していますが、当時は堤にぶつかって左に折れ、堤の下を城山川に沿ってお城の方へ向かっていました。
ある意味、根小屋地区への最初の防衛線の役割も担っていたのですね。

2014081603
寺関宗

2014081604
氏照の重臣だった中山家範(勘解由)の孫で水戸藩家老・中山信治が、氏照の百回忌法要を挙行した際に寄進した梵鐘。
※中山信治のお墓も祖父・家範と共に、氏照のお墓(八王子)の横に寄り添うように建てられています。

2014081605
八王子城跡
涼しい季節になったら、またゆっくり登りに来ます。

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

八王子城 ― 御主殿跡の新規発掘調査

八王子城の御主殿跡は今年(平成25年)になって礎石等の復元的整備も終わり、当時どのような建物が建っていたのかがよく分かるようになりました。
しかし実は一部分だけ、これまで全く手付かずで未調査だった箇所があったのです。何でもそこだけ土地の所有者がいて、行政との間で折り合いがつかなかったからだとか…。

ところが今回、その所有者とも話しがついて7月から初めての発掘調査が行われているというので、ちょっと様子を覗きに行ってきました。

20130824_154736
ちなみに今回調査されているのは黒い線で囲われ、礎石等がカラー(赤・オレンジ)で表示されている部分です。
主殿の残りの礎石(赤)や庭園の通路(オレンジ)と共に、その発掘範囲にスッポリ収まるように池の跡も発見されました☆
※ガイダンス施設配布の資料より。

Img_5109
残念ながら前日に雨が降ったためか、シートが掛けられていて全容を観ることは出来ませんでしたが…

Img_5113
1枚目の図面で「立石」と表記されている岩。こちらは元々、現代の地表面からも顔を出していました。

Img_5114
池の側面かな?石が積まれていた様子が分かります。
なお、池の底は山砂利を突き固めた上から粘土を敷き詰めてあったようで、水を溜める意図で造成されたことは確実です。

今回も調査が終われば、これらの遺構はその他の箇所同様に埋め戻されるのでしょう。その後はどのように復元展示するのかな?

Img_5122
最後に、、、本日の御主殿の滝。
前日の雨にもかかわらず、この水量。。。今年は特に深刻です。このまま枯渇してしまうのではないかと本気で危惧されます。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

八王子城オフ♪ 2013年春篇

4月29日(月)、八王子城オフ会を催しました♪
今回の参加者はサイガさん、寺旅人さん、なっちさん、さとみんさん、あいすさん、私の計6名。

午前10時過ぎに八王子城跡ガイダンス施設に集合し、早速踏査スタート。
まずは大手虎口などの遺構を確認しながら太鼓曲輪へ。

13042901
太鼓曲輪第Ⅰ堀切

13042902
第Ⅰ堀切の断面にしがみつく…あいすさん(笑)

13042903
第Ⅰ堀切付近に残る石積み

13042904
第Ⅱ堀切にて
ここは前回来た時より木が伐採されていて見易かった。

13042905
第Ⅲ堀切脇に残る防塁の石垣跡を確認するメンバーたち

そして第Ⅲと第Ⅳ堀切の間の尾根から脇を覗き込み、「何かありそうだな~。少し下りてみよう」と思い、足を伸ばしてみたら・・・
ズズ―ッ!!・・・見事に滑落いたしました(^_^;) しかし…

13042906
何とか踏み止まった位置から見上げると…石積みが残ってるではありませんか!

13042907
数mに渡って尾根を固めるように・・・。
後になって気付いたのですが、この脇にはロープが張られていました。ご覧になる方は是非ロープ伝いに下りてください(笑)

13042908
前回は何気なくスルーしてしまったこの櫓台も、先端に立って覗き込んでみると…

13042909
一直線の尾根から三角形に張り出させている様子がよく分かりました!
登ってくる敵に横矢を掛けられる仕組みですね♪

13042910
太鼓曲輪は一度登ってしまえば、あとは基本的にこういう典型的な尾根道を進みます。

13042911
第5堀切
・・・妖精さん?www

13042912
こうして見ると、尾根をザックリと切り落としているのがよく分かりますね♪

この後は太鼓曲輪を下山。御主殿の広場で昼食♪

13042913
昼食後、まずは御主殿脇に残る現存石垣を見て、、、

13042914
復元的整備工事の終わった御主殿を眺めやりながら、「殿の道」へ。

13042915
登り始めてすぐに現れる第Ⅰ石垣群

13042916
この第Ⅰ石垣群、全部で四段に積まれた段石垣の形状をしています。

13042917
第Ⅱ石垣群
・・・朽ちた木が落ちて石垣を直撃した模様。。。以前撮影した写真と比べてみましたが、被害はさほど大きくないものの、それでも確実に数個の石は崩れてしまっている。
市のご担当者様、早速調査の成果を試される時が来ましたよ!何としても修復してください、お願いしますっ!!

13042919
第Ⅲ石垣群。奥の第Ⅳ石垣群まで見通せて、なかなかの迫力。

13042921
第Ⅳ石垣群に魅入られている?城ガール隊員♪

13042922
石垣群を見た後は、そのまま殿の道を登りました。途中で見付けた石積み。

13042924
「山王台」すぐ下の竪堀

13042925
山王台
ここからは主郭部への直登ルートを選択しました。

主郭部では本丸にも寄らず、そのまま「詰め城」を目指します。

13042926
もう一丁、竪堀☆

13042927
「駒冷やし」の堀切

13042928
詰め城に至るルートを固める登り石垣跡。もう崩れてしまっていますが、積まれていた石がゴロゴロしています。

13042929
詰め城にて

13042930
詰め城下の大堀切

今回は更に尾根伝いに北へ向かいます。
ここで私、疲労と油断でkaiり(ズッコケ)まして…落ちていた岩で掌を切ってしまいました。幸いなっちさんが消毒液や傷テープをお持ちで、医療系にお勤めのさとみんさんもいらっしゃって…とっても心強いゾ、城ガール隊☆ありがとうございました。

13042933
向かった先の目的は…これ、登り石垣♪
まだ一部、積まれたまま残っている箇所もあるではありませんか!!☆ いや~感動的。
さすがに広大な八王子城、何度来ても新たな発見が続々☆
かなりタイトに攻めたのでとてつもなく疲れましたが、とてつもなく楽しかった!

13042934
主郭部へ戻って、八王子権現に無事を報告&御礼(-人-)

13042935
この後は新道で高丸→柵門台→金子丸→馬蹄段を経由して下山し、何とか無事にオフ会終了♪参加した皆様、お疲れさまでした!

打ち上げは八王子駅前にて。とっても楽しく盛り上がりましたよ!
でも詳しいレポートは…出来ません。だって、途中から覚えてないんだもん、しょーがないじゃない?(;-_-)

しかし、改めてこうして大好きなことを一緒に共有できる仲間に感謝、出会いに感謝です!ありがとうございます☆

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

小田野城

本日は八王子城のすぐ近く、小田野城を軽く攻めて参りました♪
※おそらくは八王子城の出城、と位置付けてカテゴリーは「八王子城」に分類しました。

20130316_01
小田野城の縄張(現地案内板より)

なお、八王子城との位置関係は…
20130316_02
このようになっております。(Yahoo!地図より拝借)
こうして地形図で見ると、八王子城から伸びる尾根の先端に築かれていることが分かります。
※なお、浄福寺城は地図左上、微妙に切れちゃってる辺りです(^_^;)

20130316_03
縄張図aポイントから見上げた様子。この辺りは藪も刈られていて土木の跡がハッキリ分かります。

20130316_04
縄張図3曲輪からaの方向。手前の“こんもり”した箇所は4曲輪の土塁。

20130316_05
本丸と思しき1曲輪の東面。切岸?

20130316_06
一段高くなっている2曲輪。この上は藪が酷かった…。

20130316_07
1曲輪。広大です。奥には5曲輪との間を仕切る土塁が見えています。

20130316_08
2曲輪の脇から北西方向。小さな帯曲輪が段々に展開しています。
眼下に見えるのは都道61号線。この小田野城の真下をトンネルが貫通しています。

20130316_09
1曲輪から八王子城の城山。

20130316_10
bポイントから5曲輪方向を見上げた様子。
この城跡、全体的に藪が酷くて縄張に描かれた竪堀とか全然確認出来なかったが、この面は綺麗に整備されていて段々に配置された帯曲輪が分かり易い♪

20130316_11
同じくbポイントから。
こちらが城跡の真下を貫通する都道61号線のトンネル(小田野トンネル)。当初の計画では、道路を通すにあたって山(尾根)を切り崩す予定だったが、小田野城跡の遺構が見つかったために急遽計画を変更、トンネルになったのだとか。
その決定には拍手を送りたい。

| | コメント (0)